Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「トランシルヴァニア」  監督:トニー・ガトリフ  主演:アーシア・アルジェント、ビロル・ユーネル

映画「トランシルヴァニア」  監督:トニー・ガトリフ  主演:アーシア・アルジェント、ビロル・ユーネル

上
悲しむジンガリーナは、放浪する男・チャンガロと出会う。

彼女  主人公・ジンガリーナが愛する男は、ジプシー音楽を演奏するミュージシャン。波乱万丈でセクシーな彼のプレーは、ジプシー音楽を、ますます艶っぽくうら悲しいものにする。彼女はそんなジプシー世界も愛していた。

  ところが、ある日、彼は行先も告げず姿を消す。 ジンガリーナは彼を追いフランスを出国、ジプシーが多く住む、ここルーマニアのトランシルヴァニア地方に到着した。ただ、この先、あての無い旅が始まることは確かだった。 ジンガリーナは、ジプシー音楽が奏でられる場所をたどるうちに、ついに彼を発見。しかし、彼は言う。 「こんなところまで来て、何の用だ!」  彼の心にはもう、ジンガリーナとの愛の痕跡さえない、まったくの別人となっていた。
  失意のどん底、ジンガリーナは自暴自棄。トランシルヴァニアの、とある小さな町で酒浸り、荒野をさ迷い、ジプシーの子供に助けられ、そのうちにジンガリーナはジプシーの人々に同化していく。フランスに帰国せずに、トランシルヴァニアに留まることで、心がとても慰められるような気がした。ただ、彼に言い出せなかったことがひとつあった。それは妊娠・・・。

出会い  そんな彼女は、ひとりの男に出会う。チャンガロという。彼は、ジプシーの村々を巡り、現金が欲しい家々の女たちから、金銀の貴金属を買い上げる。
  チャンガロは、荒れるジンガリーナの面倒を見ようとする。このあたりじゃ、めったにお目にかからない美人だから。ただ、その様子は、兄がいとしい妹を気づかうような、優しい感じだ。何かを問いただそうともしない。ジンガリーナから言い出したことは、「わたしに悪魔が憑いている。」

ふたり  このふたり、村々の人々から見れば怪しい異邦人だ。ジンガリーナはジプシー女の格好をしている。やはり差別を受ける。チャンガロのほうは、詐欺師だと言われて、男たちからリンチを受ける。さんざんだ。
車内  そんな中で徐々にふたりは魅かれあって行くのであった。ただし、ひとつ、問題を先送りしていた。それは、ジンガリーナの出産だ。
  ふたりが雪の中を車で移動中に、車が雪で立ち往生してしまう。不運が続く。ジンガリーナに、その時が来てしまう。苦しがる彼女を車中に置いて、チャンガロはあわてて近隣の村を探して雪原をひとり走っていく。駆けつけてくれた村人に救われるふたりであった。

出産

赤ちゃん  ジンガリーナは、村のベッドの上で、過去から吹っ切れていくようだ。一方、チャンガロは自問自答する。ひとりで生きて来たことのアイデンティティが揺らぎ始める。彼女のもとを去るべきか・・・。さあ、話はどう展開しますやら。 




                                     ジプシー音楽の楽士たち
組2
ハーディ・ガーディ。チャンガロが買い入れた楽器。       このふたりの老婆が怖い。

その外観が独特な木造教会で、ロウソクを持ち悪魔祓いの儀式を受けるジンガリーナ。
組1
監督・脚本:トニー・ガトリフ|フランス|2006年|102分|
出演:アーシア・アルジェント(ジンガリーナ)|ビロル・ユーネル(チャンガロ)|アミラ・カサール(マリー・ジンガリーナと一緒にトランシルヴァニアを旅行してくれた友人)|マルコ・カストルディ(ミラン・ジンガリーナの恋人でロマ音楽のミュージシャン)|






お祭りの行進に紛れ込むジンガリーナ。




マップ  ルーマニアの中央がトランシルヴァニア地方。ただし、広義のトランシルバニアと言う時は、青い部分のマラムレシュ地方、オレンジ色部分のクリシュナ地方、赤い部分のバナート地方が加わった地域を言うらしい。
  それぞれの地域で、独自の民族音楽が成り立っているのが、ものすごく面白く思う。民族も混在している。
  「ルーマニアの音楽」については、こちらからwikiへどうぞ。 
  http://ja.wikipedia.org/wiki/ルーマニアの音楽
  (外部リンクです)



  そもそも、ルーマニアってどこよ。
  ブルガリアの上、黒海に面している国だ。























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ お薦めの映画。  一夜一話より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紹介「モンド」  トニー・ガトリフ監督の映画

  どこからやって来たのか、モンドという不思議の少年が主人公のファンタジー。
    夏が始まろうとしていた。
    だが、どこか肌寒い、この町の誰もがそう感じていた。
    何も変わらぬようだが、何かが違っていた。
    目に見えない雲が、大地に届く光をさえぎっているかのように。
    月日がモンド不在のまま過ぎていった。
  ◆ 「モンド」へは、こちらから

  同監督の映画「ラッチョ・ドローム」「ガッジョ・ディーロ」「愛より強い旅」なんてのも、そのうちに。


紹介2「愛より強く」  チャンガロ役の男優・ビロル・ユーネル主演の映画

  ファティ・アキン監督のワイルドなラブロマンス。  
  監督お得意の設定、ハンブルクそしてイスタンブールへと向かう話。 酒、ドラッグ、暴力、自虐が、これでもかというくらいに過剰だ。薦めといて何だが、この監督は好きなんだが、この作品だけはダメ・・・。
  ◆ 「愛より強く」へは、こちらから

ジンガリーナ役の女優・アーシア・アルジェントの映画は、そのうちに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/750-a812a899
Listed below are links to weblogs that reference
映画「トランシルヴァニア」  監督:トニー・ガトリフ  主演:アーシア・アルジェント、ビロル・ユーネル from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「トランシルヴァニア」  監督:トニー・ガトリフ  主演:アーシア・アルジェント、ビロル・ユーネル

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top