Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「現代インチキ物語 騙し屋 (だましや)」    監督:増村保造

映画「現代インチキ物語 騙し屋 (だましや)」    監督:増村保造

上
宝焼酎で、牛なべをつつく。 「それ牛やあらへんで。」
  手前左から:犬塚弘、曽我廼家明蝶、丸井太郎
  奥・左から:園佳也子、船越英二、伊藤雄之助


  だまし屋。口達者。舌先三寸とは言え、これは、世事や俗事に疎いとやっていけぬ職業だ。
  世間を読んで、相手の心を見透かし、臨機応変、大胆に実行する。
  「泥棒とちゃうでぇ。 相手の納得ずくで金を払わせるんや。」

<劇場型犯罪>
沖縄から出て来た初心な学生と、返還前の沖縄なんて事を言う工事現場の男。(伊藤雄之助)
まんまと通行人から金2000円を巻き上げる。大阪の路上にて。新発売のハイライト70円。

路上  
  時代は1960年代前半、高度成長期と言われた頃。
  池田首相、所得倍増計画を発表。東海道新幹線開通。東京オリンピック開催。名神高速道路の栗東 - 尼崎が開通。大阪環状線全通。カラーテレビ放送開始。大鵬と柏戸が同時に横綱に。馬場と猪木がデビュー。「鉄腕アトム」放送開始。ダッコちゃん大ヒット。坂本九「上を向いて歩こう」。日産セドリック。パブリカ、コロナ。キャロル360。ハイライト発売。大正製薬「リポビタンD」発売。エースコック「ワンタンメン」。
  一方、激しく時代は動く。
  改定安保条約批准阻止の全学連7000人が国会突入。樺美智子死亡。浅沼稲次郎が右翼少年に暗殺される。岸信介首相が暴漢の襲撃を受け重傷。四日市ぜんそくが発生。ベルリンの壁。ケネディ大統領暗殺される。フランスが初の核実験。中華人民共和国が初の核実験。ソ連が史上最大の水爆実験。大韓民国で、朴正煕ら軍事革命委員会によるクーデター。1965年には、米国が北ベトナムを北爆。翌1966年、中華人民共和国、文化大革命。
  なんと激動の時代だろう! だから、こやつらの悪事、実にささいな。大きな波頭の縮緬雑魚のよう。
  ベテランの俳優たちの、実になめらかなセリフまわしが、映画の流れを作っている。

古道具屋監督:増村保造|1964年|89分|
脚本:藤本義一、沢村勉|撮影:小林節雄|
出演:カマキリ (曽我廼家明蝶)|赤とんぼ (伊藤雄之助)|河豚 (船越英二)|ちょこ松 (丸井太郎)|胡瓜 (犬塚弘)|ムツコ (園佳也子)|襟子 (弓恵子)|木村 (中条静夫)|崎 (小山内淳)|



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 「猫と鰹節  ~ ある詐話師の物語」  監督:堀川弘通 ~ 一夜一話より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  似た映画に、「猫と鰹節  ~ ある詐話師の物語」 1961年がある。
  こちらの方は、額が大きい仕事だ。一けた二けた違う。
  舞台は同じく大阪で、やはり貸衣装屋が大切な役目を果たす。

紹介  大阪を舞台に、こてこてに泥臭いお笑いコメディ。
  喜劇のプロたちの腕前を堪能しましょう。
  詐話師(さわし)とは、誠しやかな作り話で誘い、まとまった金銭を被害者の目の前でサラリと強奪する詐欺(さぎ)専門家。話に乗せられた被害者は、その直後に我に気付く、がもう遅い。カモに数人の詐話師が絡む場合は、「劇団型犯罪」というらしい。というわけで映画はご丁寧にも、カモに一人の詐話師の場合の犯罪例と、劇団型犯罪例を楽しく見せてくれる。
  新世界(通天閣)辺りじゃ顔の白神善六(森繁)が、岡山から来たばかりの行商人(西村晃)から300,000円を釣り上げようと・・・。
  ◆ 「猫と鰹節  ~ ある詐話師の物語」は、こちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/754-ac2c51f8
Listed below are links to weblogs that reference
映画「現代インチキ物語 騙し屋 (だましや)」    監督:増村保造 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「現代インチキ物語 騙し屋 (だましや)」    監督:増村保造

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top