Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「同じ星の下、それぞれの夜」  監督:富田克也、冨永昌敬、真利子哲也

映画「同じ星の下、それぞれの夜」  監督:富田克也、冨永昌敬、真利子哲也

TOPページにもどる
上






  沖縄の映画、なかなか傑出した作品が、生み出せないでいる。今後はウチナンチュー監督の作品に期待したい。
  で、本題。
  東南アジアに目を向けると、各国で優れた監督が生まれている。一方、日本と東南アジアを結ぶいい映画が、日本発で生まれてこなかった。こういった映画、製作者の、東南アジアへの見識が試される。
  さて、「同じ星の下、それぞれの夜」は、どうだろう。






富田 70「チェンライの娘」  監督:富田克也 (空族)

  タイでのお話。バンコクのストリートで出会った、ご商売のふたりの女の子と一緒にチェンマイへ遊びに行き、旅は道連れ行きがかりの苦難の末、ふたりの故郷・チェンライまで行く。チェンライは、ミャンマー、ラオスと国境を接するタイ最北の地、少数民族も多く住む。
  主人公の男、妻子はいるが仕事が続かない、そんな自称俳優。怪しげな広告モデルで首の皮、一枚。時に落ち込む。 「タイ、行ってみれば!」ってな事で、事務所から小遣いもらってタイへ。
富田 2
  バンコクに着いてみると、ウハウハ天国ってなことで、そんで僕はお金持ちってなことで話は始まるが、同行のふたりの子にチェンマイで薬を飲まされ、身ぐるみはがされる。がしかし、財布から出て来たカードはTカードだけ。どっちが怒っても不思議はない状況だが、タイの女の子が怒りまくる。 
  さて、ここいらから男と女の子たちとの立場が逆転、さて顛末はどうなりますやら・・・。


ニュース「ニュースラウンジ25時」  監督:冨永昌敬

  舞台は、フィリピンはマニラと東京。アジアのニュース番組の総合司会をする男と、マニラ駐在のニュースキャスターの女の話。
  ふたりがともに東京勤務だった頃に愛し合い結婚を誓ったが、彼女がマニラに転勤してから、かれこれ3年。関係がどんどん希薄になっていく。そういう不満がたまる女。男は、うっとうしさと問題の先送り。
  女は取材中にフィリピンを襲った大型台風で海に流されかける。カメラマンに助けられ、九死に一生を得る。そのことを言わない女。知りようもない男。
ニュース2  「いやなら、来なくていいのよ!」という女。重い腰を上げて、ついにマニラへ向かう男。さて、このことがきっかけで男は目覚めるが、彼女の気持ちをこちらに向けるに、男はある奇策を講じるのであったが・・・。





333fファンフェア「FUN FAIR」  監督:真利子哲也

  マレーシアでのお話。時はお昼。夕方の便で日本に帰国予定の会社員が、この残ったフリーの時間にマッサージに行こうと、ホテルを出てそんな街に着いた。さて・・・と突っ立ていると、幼い女の子が子ヤギを連れているのが目に入った。ここから始まる、この小さな女の子と、ヤギさんと、トライシクルの男、そして日本人会社員の、子ヤギを探して、FUN FAIRを探しての、おとぎ話です。
3の2



  うーん、どれもイマイチ。
  日本の現状認識を踏まえながら、片方で彼の国にどう接するか。そう考えると、はじめの映画「チェンライの娘」がギリギリラインか。主人公男性の売春ツアー、そしてその相手の、あのふたりの女の子に映画は何を託したのやら。二番目の「ニュースラウンジ25時」は、脚本フォーマットにお行儀よく収まっている感じ。そして特にマニラでなくても・・・。最後の「FUN FAIR」、ちょっと勘弁してよ・・・。
  下に、「ミャンマー映画」を少し取り上げる。ミャンマー映画はまだ、国際感覚を持ち得てない。
  一方、「同じ星の下、それぞれの夜」の国際感覚の欠如って、実に悲しいな。
  
◆ 監督:富田克也、冨永昌敬、真利子哲也|日本|2012年|合計110分|
  (チェンライの娘) 
   出演:川瀬陽太、Ai、スシットラポン・ヌッチリ、クリサナー・オビ、富田克也、相澤虎之助、レイザーラモンRG|
  (ニュースラウンジ25時) 
   出演:ムーディ勝山、阿部真里、西方凌、森松剛憲、今橋貴|
  (FUN FAIR) 
   出演:山本剛史、スン・ジェニー、アズマン・ハッサン、ディーチャイ・パウイーナ|




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ ミャンマー映画祭 2013   ミャンマー映画祭実行委員会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミャンマー  ミャンマー映画祭実行委員会による本映画祭は、回を重ねているらしい。
  今回、はじめて観に行ってみた。
  まず初めに、彼の国の映画スタッフに対して今後を期待したい。
  国内向けに需要が拡大しているであろうTVドラマ製作だけではなく、ミャンマーとして世界に出て行こうとする気概ある人材の輩出を、一映画ファンとしては望みたい。
  また、ある程度の文学的土壌あっての映画、だと感じる。
  映画発だけではなく小説発の物語を物語って欲しい。ミャンマーのあやつり人形劇を観たことがある。あのジャンルから新しい物語が始まってもいいとも思う。
 <上映作品>
  「彼女にバレないように」 2012年
     原作:ミャシティ|脚本:ティハソウ|監督:ワイー|主演:ネイトウ、エインダラチョウジン|
  「あの世へ1.4キログラム」 2009年
     脚本:ミウウミン|監督:ネイパイ|主演:ルメイン、ナワラ|



TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す  こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ


TOPページにもどる
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/756-cd45f1e5
Listed below are links to weblogs that reference
映画「同じ星の下、それぞれの夜」  監督:富田克也、冨永昌敬、真利子哲也 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「同じ星の下、それぞれの夜」  監督:富田克也、冨永昌敬、真利子哲也

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top