Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「卵」  監督:セミフ・カプランオール

映画「卵」  監督:セミフ・カプランオール

u.png

  主人公の男・ユスフはトルコで名の知れた詩人だが、近年はスランプで作品発表がない。
  ユスフはイスタンブールで古本屋を開業していて、店の売り上げで生活費を工面している。
  映画冒頭で店内シーンがあるが、商売っ気はなく店の奥で沈んでいる。何やら深く気を病んでいる様子。あとで分かるが彼は離婚して現在独身で、病を患っている様子。
実家  そんな彼に故郷から母の訃報が入る。何年も母に会っていない。トルコ東部のティレという都市。実に久しぶりに故郷に帰り葬儀を済ませた。その晩、実家に泊まる。5年間もの間、住込みで母の身の回りをみて来た、親戚の女性アイラがユスフにチャイを出し出迎える。翌朝の朝食時、アイラは卵が必要だったが、その日に限って庭の鶏の卵がなかった。これがタイトル名どおり伏線になる。

湖  ユスフはアイラから母の言い残したことを聞く。羊をいけにえにするイスラムの儀式。生前、母は息子とこの儀式を行う事を強く望んでいたらしい。結局、ユスフは母とすべきであった旅を、アイラを伴い出発する。羊飼いから羊を買い、いけにえ専用のの場所で儀式を行った。あわせて、母以上に長い間、会っていない親戚の家も訪れた。そこではアイラを新妻と勘違いされる。ユスフが愛する湖にも行った。
  
卵
  すべての事を終えたユスフは、その日、車をイスタンブールへ走らせたが、途中で引き返す。ふたりに愛が芽生えていた。
  実家に戻ったユスフが食卓にいると、アイラが卵を差し出した。今朝は庭の鶏がふたりのために卵を産んでいた。

食卓
  ユスフとアイラの話を軸に、ユスフの元妻とのエピソード、アイラと彼氏とのエピソードが織りなされる。さらには、精神状態がすぐれないユスフがみる悪夢のイメージシーンや、トルコ東部の大気や大地の映像詩的シーンが、この映画をふくよかなものにしている。



ティレオリジナル・タイトル:Yumurta

監督:セミフ・カプランオール|トルコ、ギリシャ|2007年|97分|
脚本:セミフ・カプランオール、オルチュン・コクサル|撮影:オズグル・エケン|
出演:ネジャット・イシュレル(Yusuf)|サーデット・イシル・アクソイ(Ayla)|ウフク・バイラクタル|トゥリン・オセン|


アイラの表情が野性的で、いい!
アイラ


TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/772-daa79a0f
Listed below are links to weblogs that reference
映画「卵」  監督:セミフ・カプランオール from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「卵」  監督:セミフ・カプランオール

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top