Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「一瞬の夢」  監督:ジャ・ジャンクー

映画「一瞬の夢」  監督:ジャ・ジャンクー

u.jpg









  頼りない男の話。
  映画はこの男の宙ぶらりんさを通して、中国の地方都市に住む人々の、変化の過渡期にある、不安定なこころのざわつきを描く。

  頼りない男のシャオウーは、スリを稼業とする。年端もいかない若い手下3人を使ってこの街でスリをし日銭を稼いでいる。
実家  シャオウーは三人兄弟の末っ子。兄たちは結婚しちゃんとした仕事をしてる。両親は今も畑を耕している。健全な家族に、この異端児シャオウーだ。すぐむかつくし、ちょっとしたことですぐ気分を損ねる。ガキだ。
ヨンと  若い頃はヨンと悪仲間でスリをしていたが、彼は今や街のちょっとした青年実業家、とはいっても輸入たばこを闇から仕入れて稼いでいる。かたやシャオウーはあいかわらずだ。
  ヨンが結婚する。シャオウーは最近になってこのことを知った。そんなに疎遠になったふたり。シャオウーは金を工面して結婚祝い金をこしらえてヨンのところへ持って行くが、彼は受け取ることを拒む。スリのシャオウーから金はもらえない、街の名士のメンツに傷がつくと言いたい様子。



カラオケボックス  こんなことがあって、いや、いつもだが、シャオウーはふさぎ込んで無口、そして仏頂面で不満顔、実は奥手で引っ込み思案。ヨンを見て自分は商売に向いてないと思う一方、何か商売でもして稼ぎたいと思ってる。

メイメイ  ワーッとひとりで騒ぎたくてカラオケに行って、メイメイという女性と知り合う。店の外に連れ出して街をぶらぶら歩く。彼女は遠い実家に電話する。母親に嘘の近況を伝えているのをそばで聞くシャオウー。何か自分に近いものを感じるのであった。
  互いにポケベルを手にいれて連絡し合うことになる。



部屋  後日、風邪をひいて店を休んだメイメイの部屋を訪れて、ふたりベッドの上でお話。だけ。だが互いに愛が芽生えたことを確認できた。
  そしてある日、シャオウーが再度、部屋を訪れると、メイメイは引っ越ししていて部屋はもぬけのからだった。聞くところによれば、お金持ちのいい人と発って行ったらしい。
  部屋の真ん中で、ぼんやりと立ちつくすシャオウーだった。



逮捕  また、もとの生活に戻る。
  スリをしてヘマをやり捕まる。その時にポケベルが鳴ってしまった。交番に連行され手錠をはめられた。窓から街の人々が覗いている。(右写真)
  警察署へ歩いて連行される途中、警官は途中である店に立ち寄る。その際、まるで犬の散歩中にくさりを留め置くように、シャオウーの手錠を電柱のワイヤーにつないで行った。
路上0  街行く人々は、シャオウーの周りを取り囲み始める。冷たい視線。逃げ場のないシャオウー。

  モラトリアムというんじゃない。これだ、というグッと来るモノが見つからない、見つけられない。アイデンティティの喪失なのかもしれない。
  地方都市といえど、時代の波をかぶる。人々のこころの持ちようが変わる。取り残される焦燥感、昨日と今日、そんな見えない亀裂に落ち込んでしまった主人公なのかもしれない。亀裂に落ち込んでしまうほどに、主人公は繊細で鋭敏な感性を持っているのだろう。
  野外撮影シーンの背景には、たくさんの一般市民の好奇の目、けげんそうな目が映っている。これがなぜか怖い。



人々オリジナル・タイトル:小武 (XIAO WO) (シャオウー)

監督・脚本:ジャ・ジャンクー|中国、香港|1997年|108分|
撮影:ユー・リクウァイ|
出演:ハオ・ホンジャン|ズオ・バイタオ|ワン・ホンウェイ|マー・ジンレイ|


街

TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/774-f0b04fb4
Listed below are links to weblogs that reference
映画「一瞬の夢」  監督:ジャ・ジャンクー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「一瞬の夢」  監督:ジャ・ジャンクー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top