Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「理髪店の娘」   監督:シャーロット・リム   シネ・マレーシア2013★マレーシア映画の現在  (オーディトリウム渋谷)

映画「理髪店の娘」   監督:シャーロット・リム   シネ・マレーシア2013★マレーシア映画の現在  (オーディトリウム渋谷)

U_20130531104804.jpg
母と、一人娘のフェイ (右)

  マレーシアの都市マラッカの話。
  小さな美容院を営む母と、一人娘フェイの二人暮らし。
  フェイは、母親のずいぶん若い時の子だろう、親子に大きな歳の差がない。

  母親に彼氏ができた。
  若い格好して、いそいそと出かけていく。相手はだいぶ年下らしい。近所でこのことを知らない住人はいないくらい噂は広まっている。彼氏は酒を呑むと人格変わって暴力をふるうらしい。デートして怪我して帰ってくる。
  それでも母の愛は冷えないでいる。彼氏はスクリーンに姿を見せない。

  フェイは初潮を迎えている。
  二階の寝室で、窓を開け放ち、板の間に伏せっている。静かな街。陽射しが透明だ。

  孤独な者同士の親子。
  互いに、言い争いはするものの、寄り添って生きてきた。
  何があっても、これからも寄り添って生きていきたい。そう思う。口に出さない、ふたりの本音。
  ふたりでひとつ。どちらかが、欠けると成り立たない。


屋根  言葉を尽くしても、伝えきれない事、その事のほうが大事なことかもしれない。 
  だからか、この映画はセリフがほとんどない。
  「目は口ほどに物を言う」というが、この映画は、表情で感情を伝えることを、あえて避ける。
  表情でもって伝えられない事、その事のほうが、大事なことかもしれない。
  手先、足先、背中で、例えば精神的に弱った母のために、フェイが食パンにマーガリンを塗る、その手先だけのシーンで、十分に登場人物の感情が表現できる。
  例えば、足。コンクリートに滑らかな塗装を施したリビングの床、古びてあちこち少しでこぼこしている、そのへこみにドリアンの種がひとつ転がっている。母と話すフェイの足が、ドリアンの種と手すさび、否、足すさびの様子を、カメラは静かに長回しでとらえる。言い争いから、母がフェイのほおをはたく、ふたりの足だけを写す。去る素足のフェイと、立ちつくす母の足は、デートのサンダル。といった具合だ。
  「詩」と言える映像のつくりだ。
  観る者をくぎ付けにする、その緊張感は、快感に近い。
  シャーロット・リム監督が作り出す映像のトリコとなる観客は多いと思う。

  カメラは、手持ちではなく、いつも、どっしり三脚に据えて、しっかり計算されている。映像は実に繊細で細やかだが、その芯はキリリとしているのは、このせいだ。


鏡

オリジナル:タイトル:理髪店的女児
英語タイトル:My Daughter

監督:シャーロット・リム|マレーシア|2009年|76分|
出演:FOOI MUN LAI(フェイ)|THIAN SEE CHUA(フェイの母)|WEN HAUR LAM(ハイ)|

TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/783-fdda5ef6
Listed below are links to weblogs that reference
映画「理髪店の娘」   監督:シャーロット・リム   シネ・マレーシア2013★マレーシア映画の現在  (オーディトリウム渋谷) from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「理髪店の娘」   監督:シャーロット・リム   シネ・マレーシア2013★マレーシア映画の現在  (オーディトリウム渋谷)

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top