Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」   監督:トーマス・ヤーン

映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」   監督:トーマス・ヤーン

病室0
  神の思し召しか! 病室の壁の十字架が落ちて、その拍子にベッドの間にあるキャビネットの開きが開いた。
  そこにはテキーラ EL TOROのボトルが、なぜかあった。この瞬間から、ふたりは意気投合した。病院内の調理室に忍び込み、レモンを見つけ出し呑んだ。そして、酔っぱらいの勢い。パジャマに裸足、無一文の男ふたりは、病院地下の駐車場に降りて、ベンツを見つけだし、旅に出た。ここから物語は始まるのであった。

ベンツ  まずの問題は、のちのち分かるのだが、このベンツに大金がぎっしり詰まったジュラルミンケースがあった。ギャングの車を現金ごと、盗んだことになった。
  もうひとつの問題は、このふたり、残された時間がもうわずかであった。当日、医師からそれぞれに宣告されていた。マーティン(ティル・シュヴァイガー)は大きな脳腫瘍がある。ルディ(ヤン・ヨーゼフ)は骨髄腫で末期がんだ。
海へ  どうせ死ぬんだったらとヤケッパチ。怖いものなし。
  ふたりは、残された時間で何をしたいか言い合った。マーティンは、ながらく会っていない母親にクラシカルなキャデラックを。ルディは海を見たことがなかった。それならまずは海に行こう、ベンツと。
コンビ  そしてドライブ途中で、銀行強盗して資金調達75,000マルク。それとパジャマに素足はよくない。しゃれたスーツを買う。マーティン&ルディの完成だ。いざ海へ、意気揚々と海へ。
  ドライブ・シーンで流れるニューオリンズR&B「IKO IKO]が観る者にグッと来る。


追跡ギャング警察  さてしかし、マーティン&ルディは、ゆっくりはしてられない。
  まずは警察が、続いてテレビ局のインタビュー・クルーが、ふたりを追いかけはじめた。さらには、ニュース番組を見た、当のギャングが、自分たちの金と車を盗んだ犯人が特定できたわけだ。
  マーティン&ルディを追跡するは、多数のパトカーと、射撃チームを率いるデコボコギャングのサングラス・ペア。このペアの片方(写真右側)、俳優モーリッツ・ブライブトロイは、ファティ・アキン監督の「太陽に恋して」で主演している。 
  <一夜一話の記事「太陽に恋して」は、こちらから。>

  さてさて、ついにマーティン&ルディは、ギャングに捕まる。ただし、ギャングの金はすべて、市井の人々に郵送で送金してしまっていた。しかし、TVでふたりの事情を知っていたギャングのボスは、ふたりを許し解放する。
夜明け前  夜明け前、ふたりは、海へ向かう。
  そして・・・。


オリジナル・タイトル:Knockin' on Heaven's Door

監督:トーマス・ヤーン|ドイツ|1997年|90分|
脚本:トーマス・ヤーン、ティル・シュワイガー|撮影:ゲーロ・シュテフェン|
海200
出演:マーティン(ティル・シュヴァイガー)|ルディ(ヤン・ヨーゼフ)|ヘンク(ティエリー・ファン・ヴェルフェーケ)|アブドゥル(モーリッツ・ブライプトロイ)|フランキー・“ボーイ”・ベルーガ (フープ・シュターペル)|シュナイダー (レオナルド・ランジンク)|ケラー (ラルフ・ケアフォート)|マーティンの母 (コーネリア・フローベス)|カーチス (ルトガー・ハウアー)|







TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/789-bcd10065
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」   監督:トーマス・ヤーン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」   監督:トーマス・ヤーン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top