Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ロボジー」    監督: 矢口史靖   主演:ミッキー・カーチス

映画「ロボジー」    監督: 矢口史靖   主演:ミッキー・カーチス

u_20130615194112.jpg

  あり得ない話を、長けた話者が真面目に話すうちに、観客はスッカリ話術にはまって、はらはらドキドキ、大笑い。そう、これ落語です。最後まで一気に観てしまいます、楽しんでください。

大学  事の発端はたくさんあるが、そのひとつ。
  機械工学科の学生、葉子(吉高由里子)は、ロボット・オタクで大学のロボット研究会に属してる元気な女子。
会場  彼女は、各メーカーが二足歩行技術を競う、ロボット博覧会会場で、あるロボットに助けられ、ロボットに恋をする。そのロボットとは、木村電器の「ニュー潮風」。

電機  木村電器の開発者スタッフは、この3人の若手社員たち。だがロボットにかかわる技術は、この企業の本道じゃない。要するに会社全体としても、ロボット技術に疎い。本道でない事を業務とする理由は、社内で くすぶってるこの3人に、当座の仕事をあてがうため。と、技術広報に懸命な技術音痴で人任せ過ぎる社長が、勝手にロボット博に参画してしまった。こりゃ、何かしらロボットを製作しなくっちゃ。  

踊るロボット  ロボット博まで、あと1週間。 追い詰められる人は、すごい威力を発揮する。
  とにかくロボット動かしゃいいんだ! 動かすためには、もう、ややこしい技術より、人力じゃん。 そして、そもそも、ロボットより人間のほうが、2足歩行は優れている!

老人と  いろいろあったが、なんと、ある独居老人に白羽の矢が立った。つまり老人がロボット内部に入って、ロボットを演じる。
  この老人(ミッキー・カーチス)、彼なりに懸命に努力するが、徐々に「ロボット」に人気が出て来てTV出演までエスカレートする。こうなってくると、老人は木村電器社員から、それ相当のスター扱いを求めるようになった。もちろん、「ニュー潮風」に恋した葉子はオッカケする。

組写真  しかし、ここで問題発生。
  あることから、「ニュー潮風」がロボットでないことがバレル。怒る葉子は、ロボット内部にいる老人を突き止める。
  その時、車に轢かれそうになった葉子を老人が助けた。デジャヴ。そうだ、以前にこんな事があって、こんな手の感触だったことを葉子は思い出す。
  さて、全部言っちゃ、つまらない。おあとが、よろしいようで・・・。




下監督・脚本:矢口史靖|2011年|111分|
撮影:柳島克己|
出演:鈴木重光 (ミッキー・カーチス)|佐々木葉子 (吉高由里子)|小林弘樹 (濱田岳)|太田浩二 (川合正悟)|長井信也 (川島潤哉)|伊丹弥生 (田畑智子)|斉藤春江 (和久井映見)|木村宗佑 (小野武彦)|田中要次|森下能幸|古川雄輝|高橋春留奈|大窪人衛|今井隆文|三浦圭祐|安田聖愛|星野亜門|竹井亮介|藤本静|細川洋平|大久保綾乃|遊木康剛|徳井優|菅原大吉|大石吾朗|竹中直人|田辺誠一|
老人




TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/797-e0f1d524
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ロボジー」    監督: 矢口史靖   主演:ミッキー・カーチス from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ロボジー」    監督: 矢口史靖   主演:ミッキー・カーチス

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top