Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「大阪ストーリー」   監督:中田統一  大阪の在日韓国人一家のドキュメンタリー

映画「大阪ストーリー」   監督:中田統一  大阪の在日韓国人一家のドキュメンタリー

上拝む

  自分の家族一族郎党を赤裸々に撮影対象としたドキュメンタリー映画。
  私小説というなら私映画だが、その世界は、こじんまりしていない。幅と奥行きに、在日韓国人の戦後発展の歴史と、日韓の国際性と、差別問題を含み、実に中身が濃い。とにかくパワフルに繁栄する元気なご家族たちだ。
  映画にしようとした選択と意図がよく分かる。
結婚
  終戦直後のことだ。在日韓国人の父、日本人の母は、大阪・鶴橋の闇市で知り合い、恋に落ちた。母の一家は猛反対であった。その後7人の子供達は元気に育って今に至る。
父  父親のご商売は、金貸し業。お客も会社の従業員も、みな在日韓国人だ。それと、パチンコ店を3店経営している。どちらの業種も、在日が手掛けやすかった。商売はうまくいっている。社車は運転手付の大型ベンツ。問題は後継者だ。

  この家の長男は、この映画監督の中田統一。イギリス留学中で映画を勉強している。映画の中で、家は継がない、結婚もしない、と宣言している。

弟  次男は若い時分に統一教会に入り、父親から勘当されて韓国へ渡る。教会で韓国女性と知り合い、今は日本に戻り、父親の元で後継者修行に精を出している。孫も生まれた。
  姉のひとりは、日本人男性と恋におち結婚。やはり父親から勘当をくらった。この夫婦は現在、父から一番疎遠な位置にいるらしい。
宴  あとの兄妹達とそれぞれの家族は、映画後半で、一族郎党の大宴会があるので、様子が垣間見れる。高校生の大きな孫から赤ちゃんまで、孫は10人位はいそうだ。





母  さて取材対象として欠かせないのは両親だ。
  監督は、母には親しく接して、たくさん取材している。一緒に出かけ市場やデパートで撮影し、台所でも話を聞く。愚痴も聞く。
  もともと性が合わない父親との取材に監督は及び腰だ。父親も避けている。一定の距離をとったインタビューが笑える。
墓参  だが、父親とふたりで韓国へ行く。墓参りもする。韓国では、父親は表情が明るいし、周りから一目おかれる人物らしい。そうだろう、在日での成功者ですから、村の人たちの面倒も何かとみてきただろう。
  そうそう、監督も薄々しか知らなかったが、父親には韓国にも奥さんがいた。子供もいる事がわかる。どうやら、父親はこの女性を正妻としている。この女性にもインタビューしている。


  逃げない、隠さない。ここまで徹底した取材姿勢で臨んだ映画に拍手を送りたい。
  在日韓国人という世界をわかりやすく学ばせてもらった。
  観る側が」、父親の視線で観ることができれば、この映画の深みを より知ることができると思う。
  ただ、この映画のソフト(VHS)はもう手に入らないだろう。

  以下、作品自体ではない、こういう情報(額縁情報)を記載するのは好きではないが、この場面では載せておきたい。
     1994年 シカゴ国際映画祭ゴールド・ヒューゴ賞
     1994年 バンクーバー国際映画祭審査員特別賞
     1994年 国際学生映画祭グランプリ
     また、当時イギリスでは、ゴールデンアワーにBBCで放映されたらしい。

組2 1
監督:中田統一|イギリス|1994年|77分|ドキュメンタリー|
撮影:サイモン・アトキンス|
出演:監督の一族郎党のみなさん|


TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/800-84596206
Listed below are links to weblogs that reference
映画「大阪ストーリー」   監督:中田統一  大阪の在日韓国人一家のドキュメンタリー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「大阪ストーリー」   監督:中田統一  大阪の在日韓国人一家のドキュメンタリー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top