Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「あの夏、いちばん静かな海。」   監督:北野武

映画「あの夏、いちばん静かな海。」   監督:北野武

u_20130708083627.jpg

茂  話に大きな展開がない、セリフがない、というないない条件で、映画はどこまで成り立つのだろうか? こんなことに挑戦した映画だ。 淡麗辛口になぞらえれば、微温無口。

  主人公とその彼女は、聴覚障害を持つ。主人公の茂(真木蔵人)は発話障害もある、ろうあ者だ。
  だから、ふたりの間では、声による会話が無い。つまりセリフはない。
ボード  茂は、壊れたサーフボードを見てから、サーフィンに目覚めた。スクールに通うこともなく、ひとりサーフィンを練習した。彼女の貴子(大島弘子)は、そんな彼をいつも砂浜から見守っている。
  周りのサーファーたちが、たどたどしい茂たちに関心を示し始めてから、茂は技術指導を受けることになる。そして大会に出場し、茂は小さな賞をもらうまでになった。そんな、あまりにも、たんたんとしたお話です。
  ですが、それじゃあまりに・・・てなわけで、ラストにヒトヒネリあります。が、ラストを越えて、また話はたんたんと終わります。  
  人って、何か大きなことに遭遇しても、周りの人間が騒ぎ立てても、当の本人は意外にたんたんとしています。こころをかばう防御装置が自然に働くのでしょう。

組

監督・脚本:北野武|1991年|101分|
撮影:柳島克己
出演:茂 (真木蔵人)|貴子 (大島弘子)|田向 (河原さぶ)|中島 (藤原稔三)|サーフショップ店員 (鍵本景子)|サッカー少年A (小磯勝弥)|サッカー少年B (松井俊雄)|サーファー仲間 (大和田剛)|サーファー仲間 (澤井革)|サーファー仲間 (杉本達也)|サーファー仲間 (千原正子)|サーファー仲間 (深谷朋民)|転ぶサーファー (石谷泰一)|みかんの女 (窪田尚美)|清掃会社の上司 (芹沢名人)|軽トラの男 (寺島進)|


TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/803-1f3ee2d7
Listed below are links to weblogs that reference
映画「あの夏、いちばん静かな海。」   監督:北野武 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「あの夏、いちばん静かな海。」   監督:北野武

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top