Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「わが友イワン・ラプシン」  監督:アレクセイ・ゲルマン

映画「わが友イワン・ラプシン」  監督:アレクセイ・ゲルマン

家80 2222
(左写真) 家政婦のおばさん、少年、父親、アコーシキン
(写真右上) 少年と父
(写真右下) ラプシン、父、アコーシキン


上









  1935年ごろ、ロシアの地方の話。
  当時、少年だった男が、若き父や、父の周辺の男たちを懐かしく振り返る。
 (映画冒頭より)
ギター   これは遠い昔の話だ。父から何度も聞かされた。
   長い廊下に響く幼い私の足音、男たちのタバコのにおい、今では考えられない貧しい暮らし。通りはいつも冷たい風が吹いていた。そんな環境でも、私たちは不自由を感じることもなく、助け合って生きていた。
   記憶の彼方でよみがえる大切な人たちの顔や声。これは私の告白だ。子供時代に身近にいた人々への愛の告白なのだ。 半世紀も前の話だが、現在のこの住まいから、歩いて5分のところに住んでいた。(以上)

男たち  父は刑事であった。
  少年と父は、ラプシン、アコーシキンという2人の刑事たちと、一つ屋根の下に暮らしていた。時には警察の同僚たちが、たくさんが集まるパーティーもあった。少年は、こうした1900年前後に生まれた男たちに囲まれ育った。つまり彼らはロシア革命の担い手であり、それまでの時代(~1930年前半)を謳歌できた世代。こうした「当時の時点の彼ら」を表現したい、という思いが、この映画の基軸になっている。映画が描く「当時」のあとには、スターリンによる政治的抑圧・大粛清が始まり、一般民衆にまで及ぶことになる暗澹たる時代が始まる。

組0  話の展開は、ラプシン刑事が中心となって進む。(右写真:左の男)
  ラプシンの知り合いのハーニンという男(右写真:右の男)がこの街に着いた。妻の葬儀を終えて、まだ1週間のジャーナリストだ。当然だが、やけっぱちな態度、先のことが考えられない様子。ラプシンは、この男をイソウロウとして家に迎え入れる。
  この街に住んでいる、芽が出ない女優ナターシャ。街の芝居小屋でやっと端役をもらえた。ラプシンは、ナターシャに気があったが言い出せないまま。そこへハーニンが現れて、ナターシャはハーニンに惚れてしまった。
  一方、ラプシンは、脱獄犯を追っていた。潜伏場所の情報が入り、捕り物となる。ラプシンは現場にハーニンも連れて行ったが、運悪くハーニンは犯人に刺され重傷を負ってしまう。
  大筋、こんな風な展開だが、描かれるストーリーだけを取り上げて、ああだこうだ言ってみても、この映画の何たるかは見えてこないので、ご注意を。
  ただし、監督が描いた「あの時代」というのに共感できない。なぜなら、映画製作の1984年から50年前の、1935年ごろのソ連の世相イメージを持たない者にとっては、ああ! とか言えないのだ。残念。ちなみに過去との距離感に限って言えば、今から50年前の昭和30年代のイメージって事になる。うむ。
  
下オリジナル・タイトル:Moi Drug Ivan Lapsin|
:My Friend Ivan Lapshin|

監督:アレクセイ・ゲルマン|ソ連|1984年|100分|
脚本:エドゥアルド・ボロダルスキー|撮影:ワレーリー・フェドーソフ|
出演:ラプシン:アンドレイ・ボルトネフ|ナターシャ:二ーナ・ルスラーノワ|ハーニン:アンドレイ・ミローノフ|アコーシキン:アレクセイ・ジヤルコフ|父親ザナドヴォーロフ:アレクサンドル・フィリッペンコ|パトリケーヴナ:ジナイーダ・アダモーヴィチ|




ラプシンは国内戦で騎兵中隊を指揮していた。
負傷して後遺症が残り、まれに発作を起こすことを、極端に恥じている。

アラ1      アラ2

少年のころ、当時も街に市電が走っていた。        現在は大きな都市となり、市電の路線も増えた。 
アラ3      アラ4


アレクセイ・ゲルマンの映画 (一夜一話より)

・「フルスタリョフ、車を!」 
  なんだか、すごい映画を観てしまった。いい映画だ。でも、お薦めしにくい。
  首から上じゃ理解できなくて、身体でヅーンと受け止める映画です。
  映画製作のお作法・お約束事から、とても逸脱した特異・孤高の映画です。よって観客もいつもの文法でストーリーを読み解くことができません。私の前の席の人は上映開始10分で退場していきました。

「戦争のない20日間」
  1942年の年末、従軍記者ロパーチンが所属するこの部隊は浜辺を歩いていた。楽しげな会話。明日から休暇がもらえる連中が多い。兵役延長の見返りとして20日の休暇が与えられるのだ。隊は戦闘態勢を解いていた。と、その時・・・。

「道中の点検」
  1942年の話だ。
  ナチスの領土拡張が進んで行く。ナチス・ドイツ軍はソ連北西部に侵攻し、この地を占領していた。占領下において、ユダヤ人に迫害を加えると共に、反ナチスの動きをするロシア人を徹底的に抑え込んだ。強制労働、絞首刑、銃殺なんでもありだ。 一方、・・・。

TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/810-83138ec0
Listed below are links to weblogs that reference
映画「わが友イワン・ラプシン」  監督:アレクセイ・ゲルマン from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「わが友イワン・ラプシン」  監督:アレクセイ・ゲルマン

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top