Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画?「SUCK サック」   監督:ロブ・ステファニューク

映画?「SUCK サック」   監督:ロブ・ステファニューク

上


suck.jpg






バンパイアになったジェニファーの、最初の犠牲者。
ストローで血を吸っている (SUCK) シーンだ。
この青年が いい味 出してる。



  カナダの映画って、どうしてこうなんだろうか。何が・・・? お隣が、腐っても鯛のアメリカ合衆国だから、サードパーティーな根性。最初っから吹っ切れている。根っこのところが意外に覚めてる。だから自由。そこを良しとする。

アリス・クーパー、イギー・ポップ。
「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェル。

組10  話は、余りにもタワイナイ。馬鹿馬鹿しい。

  カナダのインディーズバンド4人組。車中泊しながらカナダ中をツアーしている車は、なんと中古の霊柩車。
  バンドのメンバーが、本物のバンパイアになってから、ライブに客が集まり出した。今までと何かが違う。サウンドが変わった。
  その人気がアメリカツアーに発展。有名なD.J.の生番組に出演し、全米に向けての放送中に彼の血をいただいてしまう。これは衝撃的! 火が付いた、人気急上昇!!
  だけど、なってみて分かった。バンパイアは辛い。殺人せずに、すませるには・・・。人間にもどりたい。
  そんなわけで、人間に戻るためにメンバーは一致団結し、「バンパイアの元」を始末することに成功。
  そして極々、極々普通の人間にもどってしまった。以前より普通。いや、普通過ぎ! 
  ああ、やっぱりバンドやりたい!! NO MUSIC, NO LIFE !! てな話。


下監督・脚本:ロブ・ステファニューク|カナダ|2009年|91分|
撮影:D・グレゴール・アジェ|
出演:ジョーイ:ロブ・ステファニューク|ジェニファー:ジェシカ・パレ|ジェフ:デイヴ・フォーリー|ビーフ:モービー|ビクター:イギー・ポップ|ロッキンロジャー:ヘンリー・ロリンズ|Queeny:ディミトリー・コーツ|国境警備兵:アレックス・ライフソン|バーテンダー:アリス・クーパー|エディー・ヴァンヘルシング:マルコム・マクダウェル|バーテンダー:キャリコ・クーパー|


TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  




 カナダの映画

201206021912420e2_20130809073148b95.png「ロードキル」  監督:ブルース・マクドナルド

  ワイルド味でいい加減、そこが良い。
  だが、しかし、カナダ映画って、やっぱりどこか変!
  カナダのロードムービー。B級だ。
  そこそこ二流のロックバンド「パラダイス」が国内ツアーに出たが、途中で行方不明、音沙汰なし。
  事務所のマネージャー、ロイは怒りまくる。どこに問い合わせても、バンドの行方は誰も知らない。怒りの余波が事務所の女子事務員風の女性主人公に及ぶ。お前が探して来い! 行くわよ、やるわ!
タクシー  彼女は事務所を出た・・・  続きはこちらから。


201212011829286e1_201308090737591aa.jpg「ギムリ・ホスピタル」   監督:ガイ・マディン

  病院や手術にトラウマがあって、看護師といい思い出がある人で、悪夢が好きな人には、ちょいと楽しい映画だ。今までに数回観てるが、なぜか飽きない。簡素でたどたどしい作りだからこそ、味が出てくる。
  モノクロ・サイレント映画の手法をかりて作成された実験映画かな?
  ギムリ・ホスピタルは木製の病院というより、隙間だらけの小屋。電気もない。手術が行われるが麻酔は一切なし。手術が始まる前に、看護師たちはベッドサイドに来て人形芝居の準備をする。軽快な音楽と笑いで痛みを少しでも和らげる魂胆だ。だが、だが、痛い。傷口を縫い合わした跡も荒々しい。ただし看護師は美人揃い。
  続きはこちらから。
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 1

やまなか URL 2013-09-04 Wed 13:50:33

そう、確信的にハズシを狙ってる感じ。

> ちと忙しくてなかなか追いついてません(泣)。この映画、観たあとに「赤い飲み物」が飲みたくなりません? トマトジュース? いいえ、発酵したブドウ・ジュースのほうがいいですね。そう、どこまでが本気でどこまでがハズしなんだか分からない。作品そのものより、そういった「ハテナ?」が心に残ります。この無責任な感じ、大好きです。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/825-9395af38
Listed below are links to weblogs that reference
映画?「SUCK サック」   監督:ロブ・ステファニューク from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画?「SUCK サック」   監督:ロブ・ステファニューク

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top