Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画?「音曲の乱」   監督:林海象   出演:東京スカパラダイスオーケストラ、鰐淵晴子、佐野史郎

映画?「音曲の乱」   監督:林海象   出演:東京スカパラダイスオーケストラ、鰐淵晴子、佐野史郎

上

女の館0







座敷に小判をまき散らし、笑うバカ殿。

  時は、平成4年(1992年) 徳川幕府が390年続いている。
  そう、明治維新はなかった。今も徳川の天下である。
  鎖国を始めて、かれこれ350年が過ぎようとしている。
  中国、朝鮮、そして近年、幕府はフィリピンと交易を始めた。

  ここは、日本のどこか。
  佐野城の主は、バカ殿である。その上、無類の女好き。
  城下町には、東西南北にキャバレーやSMクラブがあって、
  千両箱を小脇に抱えて、殿は一日のほとんどを、これらの店で過ごしている。
家老
  最近、殿の耳に不思議な楽しい音曲が聞こえる。しかし幻聴である。
  ハメを外し過ぎの殿をなんとかしようと、憂う家老が三人、膝をつきわせている。 なかでも若い森田は知恵者である。殿の様子から、これは南蛮渡来の、怪しい音曲の術だと喝破(かっぱ)する 。
音術
  さっそく森田は、音術の忍び達七人衆を呼び集めた。それぞれ得意の楽器を武器とする、手練れたちだ。
  殿に怪しい術をかけている一団、その隠れ家である洞窟に、七人は潜入する。


  
隠密
  実は相手は幕府の隠密たちであった。
  彼らも同じく音術を使うが、なかなか手強い。七人衆は、一度退散せざるを得なかった。しかし新型の兵器(トロンボーンを二本合体させたような武器)で再度バトル、七人衆は、隠密たちをやっつけた。

夜  
  殿の幻聴は消えた。城下町は殿の回復を喜び、花火をあげて大いに盛り上がる。
  そして、殿はふたたび、小判を抱えて、女の館を目指して、城を出て行った。
  
  実にくだらない映画だ。佐野史郎が五役、熱演。

城00


監督:林海象|1992年|52分|
脚本:天願大介|撮影:滝彰志|
出演:東京スカパラダイスオーケストラ|鰐淵晴子|佐野史郎|









TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/827-e1b14f98
Listed below are links to weblogs that reference
映画?「音曲の乱」   監督:林海象   出演:東京スカパラダイスオーケストラ、鰐淵晴子、佐野史郎 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画?「音曲の乱」   監督:林海象   出演:東京スカパラダイスオーケストラ、鰐淵晴子、佐野史郎

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top