Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「チキン・ハート」  監督:清水浩

映画「チキン・ハート」  監督:清水浩

上
忌野清志郎、池内博之、松尾スズキ。

  世間は人並みを求める。
  誰も口にしないが、実はみんな、世間が怖い。だから、いい子になる。

おでん屋  そんな世間に背を向けて、堂々と生きて行けるか?
  いや、堂々とじゃないが、自身にいささか閉じこもりがちだが、でも、それぞれ、小さな希望抱いて生きてる、この3名。つまり、写真左から順に、岩野(池内博之)と丸(松尾スズキ)と浅田(忌野清志郎)。
  勝ち組じゃない。3名とも負け犬だ。が、今はそうじゃない。でも定職なし。んで・・・。
  頼りない男たちの、頼りないお笑い話だが、観たあとにジンワリ来るものがある。

殴られ屋  岩野27歳は、噛ませ犬ボクサーだった。
  相手選手が必ず勝つために、力が劣ることで選ばれて対戦するのを生業とするボクサー。噛ませ犬という。今の岩野の仕事は、昼間はスプレーの落書き消しバイト。夜は自営の殴られ屋。
  殴られ時間2分間、料金2000円。客はボクシンググローブを付けて岩野をおもいっきり殴れる。場所は公園。客筋はスーツ姿のサラリーマン。岩野は腐っても元ボクサーだから、ほぼ殴られない。客は空振りの連続だが、うっぷん晴らしができて満足。リピーターもいるほどだ。見物人も多い。
浅田
  浅田は、やさぐれ中年ひとり身。実は妻子がいたらしいが誰にも言わない。黙って酒を呑む。無口だが一言いう時は、さり気なく重みある事を言う。
  銀座京橋あたりの街頭でティッシュ配りのバイト。ティッシュを通行人に向かって投げつけて遊んでる。何かにつけて若い岩野の面倒をみる。
  廃船寸前のPILOTボートを譲り受け大事に修繕している。船舶の免許を取ることに意欲を燃やす。いつもの浅田らしくない珍しい行動。横浜の試験会場に行き受験・・・。
営業マン
  丸は元教師。独身。
  現在、帽子屋を営む叔父の家でイソウロウ。その叔父の紹介で、村瀬(岸部一徳)が勤務するメンズ・ウィッグ販売会社に就職できた。が、完全ノルマ制の個人セールス。西新宿の陸橋から通行人を見下ろして、薄い人を見つけては、路上セールスするがうまくいくわけがない。必ず殴られる。それでもやっと、ひとりから契約がもらえそう。好きな女性もいる。  さてさて、この3人、この続きは・・・。

おやじ  3人が集まる屋台のおでん屋。この店の主の役が、荒木経惟。清志郎に劣らず、いい味出しています。
  丸を演じる松尾スズキの演技は、アクがあるというより、ベッタリ感が強く残念。    
  まあ、さらりとご覧ください。あ、そうそう。鈴木慶一の音楽が映画全編で流れる。良い!!

屋台

監督・脚本:清水浩|2002年|106分|
撮影:高瀬比呂志|音楽:鈴木慶一|
出演:岩野修:池内博之|浅田智史:忌野清志郎|丸誠二:松尾スズキ|おでん屋の親爺:荒木経惟|村瀬:岸部一徳|



TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/831-a558a0c2
Listed below are links to weblogs that reference
映画「チキン・ハート」  監督:清水浩 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「チキン・ハート」  監督:清水浩

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top