Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「旅籠屋騒動」  (公開時の題名「お伊勢詣り」)  監督:森一生   出演:ミスワカナ・玉松一郎

映画「旅籠屋騒動」  (公開時の題名「お伊勢詣り」)  監督:森一生   出演:ミスワカナ・玉松一郎

ミス
伊勢屋の新米女中・ミス・ワカナと、
宿の後継ぎ、バカ息子・玉松一郎


  戦前の関西喜劇人たちによる、1939年のドタバタ喜劇映画。 
  わけてもミス・ワカナが光る。必見。漫才界の天才と言われるそうだが、すごい。

  江戸時代の伊勢。ここは、お伊勢参りの人々でごった返す旅籠街。
  狭いメインストリートでは、それぞれの宿の客引きが懸命だ。
  さて、映画の舞台の旅籠「伊勢屋」の客引きは、稼ぎ時なのに、いささか躊躇している。それもそのはず、奥座敷では伊勢屋の主(伴淳三郎)が病で伏せっている。医者の見立てでは臨終が近い。枕元に医者と主の娘(森光子)が・・・。
  一方、こんな時にもかかわらず、主の長男(玉松一郎)は、新米の女中(ミス・ワカナ)に一目惚れのまっ最中。この女中、不器用で大雑把、世間知らずで、おまけにケンカっぱやい。その上、酒好きで酔っぱらうと後先が無い。長男は、「こんな女、みたことない」ってなことで、惚れてしまった・・・。  

漫才  ミス・ワカナの演技や芸が、決して古くさくないのに驚く。
  いや、今時の喜劇人の非力を、彼女はあざ笑い、ぶっ飛ばす。そんなエネルギーがビシビシ伝わってくる。
  横山やすしが天才なら、彼女もまさしく天才だ。

  映画に出てくる漫才シーンで、ラッキー・セブン(香島ラッキー・御園セブン)の世相漫才は、戦時下の検閲を意識し翼賛的で、つまらない。と言うより、その妥協が辛い。
  


写真  昭和初期から戦中にかけて活躍した夫婦漫才ミスワカナ・玉松一郎の、「初代」ミス・ワカナ(1910~1946)。
◆ ミスワカナ・玉松一郎とは? 
  外部リンク http://ja.wikipedia.org/wiki/ミスワカナ・玉松一郎

◆ わらわし隊でのミスワカナとは?
  わらわし隊は、吉本興業(吉本興業部)が朝日新聞社と共同で結成した演芸派遣団、慰問団。日中戦争勃発後の中国大陸に派遣され、多くの兵士を慰問した。
  外部リンク http://ja.wikipedia.org/wiki/わらわし隊
  書籍もあるようだ。



監督:森一生|1939年|56分|
脚本:依田義賢|撮影:廣田晴巳|
出演:ミス・ワカナ|玉松一郎|香島ラッキー|御園セブン|平和ラッパ|森光子|伴淳三郎|浅田家日佐丸|松葉家奴|南條新太郎|




TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/832-009f2c2f
Listed below are links to weblogs that reference
映画「旅籠屋騒動」  (公開時の題名「お伊勢詣り」)  監督:森一生   出演:ミスワカナ・玉松一郎 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「旅籠屋騒動」  (公開時の題名「お伊勢詣り」)  監督:森一生   出演:ミスワカナ・玉松一郎

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top