Home > 一話 > うまい酒と・・・。  熱海の花火、伊豆長岡・正平荘、そして夜景

うまい酒と・・・。  熱海の花火、伊豆長岡・正平荘、そして夜景

  • Posted by: やまなか
  • 2013-09-03 Tue 05:59:33
  • 一話
花火大会0◆ 熱海の花火
  ファンです。
  海ですから、花火の規模が大きい。
  それに、ものすごい数の打ち上げ花火は豪華絢爛。ラストに用意される仕掛け花火も熱海ならではのもの。
  遠くの花火に風情を感じるが、直下でドカンと見る花火を薦めたい。
  熱海の花火は、爆発音のドーン、ズーンという重低音が楽しめる。海に向かって立つと、背中側が山にぐるりと囲まれるため、低音に「踏ん張り」がかかる、熱海の地形のおかげだ。 地魚で一献。

  熱海海上花火大会・公式サイト  外部リンク http://www.ataminews.gr.jp/hanabi/
  春夏秋冬、開催されている。



正平荘◆ 伊豆長岡・正平荘の京料理
  口にした瞬間、ううっ! その味は、上品な京の味。たとえば料亭「菊乃井」の、あの味。 お聞きすると、料理長は京料理「たん熊」のご出身。
  もちろん、伊豆長岡の食材と地場の味付も加えての献立。
  「焼きハモと田中玉ねぎのサイフォンスープ」が良かった。予め、焼きハモ等の具が、サイフォン上部のガラスに入っていて、下部にスープを入れて、じわじわ温める。コーヒーと同じ。吹き上げたところで、椀に入れて頂く。何がいいって、このスープ(だし)。上品な京の味。参りました。(写真:前菜とサイフォンスープのだし)
  この宿の夕食は、2時間かけて楽しむ趣向です。
  ひとつ、残念なのは、酒のセレクトがよろしくない。日本酒、ワインがボトルでかつ高額。お銚子での選択肢が狭く、その地酒は不味い。グラスワインがない。



   
◆ 「夏の星空&夜景」鑑賞バスツアー  伊豆長岡温泉限定企画
  キャッチフレーズはこうだった。
  だるま山から眺める伊豆の夜景と満天の星空。運が良ければ荘厳な富士のシルエットも!

  あいにく当日は、満月。こうこうと夜空を照らす月が邪魔して、星が見えない。
  でも、夜景がすばらしい。人間なら、たまにはこうして高い所に立つべきだ。

  観光協会の若手の方が企画し、ご自身自らツアーコンダクター。頑張ってらっしゃる姿がいい。
  そうだよ、長伊豆岡の空も、大きな観光資源だ。

  「伊豆の夜景と夏の星空・探索バスツアー」公式サイト 
   外部リンク  http://izuspa.com/2013/07/22/ (開催期間が過ぎるとリンクしないかもしれません)
   期間:2013年8月10日〜8月24日  時間:20時〜22時頃
   
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/833-a0078844
Listed below are links to weblogs that reference
うまい酒と・・・。  熱海の花火、伊豆長岡・正平荘、そして夜景 from 一夜一話

Home > 一話 > うまい酒と・・・。  熱海の花火、伊豆長岡・正平荘、そして夜景

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top