Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「天使が見た夢」  監督:エリック・ゾンカ

映画「天使が見た夢」  監督:エリック・ゾンカ

上










マリー  マリーはとても内向的で繊細な女。縫製工場に職を得て2週間が過ぎる。職場では誰とも親しくなれずに、便所でひとりタバコを吸っている。
  マリーが住むアパートは、一人住まいにしては広い。彼女の薄給ではとても住めないところ。アパートの持ち主が事故に会い、空き室になっている所を一時的に借りている。
娘  この事故でアパートに住んでいた母親は死亡、その娘は命だけは取り留めた。が、重度の昏睡状態つまり植物状態。大病院の集中治療室にポツンといる。

イザ  さあ、そんなところに、バックパッカーのイザが登場する。どこへ行くでもなく、何をしたいかでもなくフラリフライの風来坊・娘だ。イザはマリーのいる縫製工場で雇われ、互いに知り合う。その日からイザはマリーのアパートに転がり込む。
  ふたりは徐々に親しくなる。そう、おどおどしたマリーがイザにこころを許す、そのゆっくりしたスピードで。
  縫製工場をふたりして辞めて、わずかな金で街で遊ぶ。久しぶりに味わう自由な風に、ふたりそろって満足。
組0
  そしてマリーはクリスと出会う。彼は、街で飲食店を多数経営する家の、二代目おぼっちゃま。ましてグレゴワール・コランだし、世の女性は彼を放っておくわけがない。
  マリーは思う。この恋はクリスの一時の遊びだ。いつか捨てられる。そうだと分かっているが、もう一人のマリーの思いは、深まるばかり。そんな時に、ふとイザをみると、自分の片割れに見えてくる。小言を言っているように思えてくる。で、マリーはイザに辛く当たる。
  イザは一言もしゃべっていない。しゃべっていないが雄弁だった。

  イザは、植物状態の娘の日記を読んだ。この家にあった。日記の主も恋に悩んでいたようだ。
  イザは病院に行ってこの娘に会う。もちろん昏睡状態。彼女の日記をベッドサイドで読んでやる。イザは病院に足しげく通って、話しかけてやった。その間、面会に訪れる人はいない。
  ある日、娘の目が開いた! そののち難しい手術があって、これを機に娘の意識が、ぼんやりとだが、戻り始める。奇蹟だ!

  マリーが、アパートの自室から、飛び降り自殺する。イザは背後から、その瞬間を見る。呆然とするイザ・・・。  

  イザは天使だ。  
  そして、ヴィム・ヴェンダース監督の「ベルリン・天使の詩」の天使を思い出す。

イザ00

オリジナル・タイトル:LA VIE REVEE DES ANGES

監督:エリック・ゾンカ|フランス|1997年|113分|
脚本:エリック・ゾンカ、ロジェ・ボーボ|撮影:アニエス・ゴダール|
出演:イザ:エロディ・ブシェーズ|マリー:ナターシャ・レニエ|クリス:グレゴワール・コラン|シャルリー:パトリック・メルカド|フレド:ジョー・プレスティア|

工場00
縫製工場のイザ。    
マリーの死後、イザはITの部品組み立て工場に勤め始めたが、
あんな細かい作業、縫製以上に彼女には無理っぽい・・・。


紹介 映画「さよならS」   監督:エリック・ゾンカ
  上記の「天使が見た夢」と同じ監督の作品。
  63分という短い映画ですが、放って置けない映画。
  一夜一話の記事です。こちらからどうぞ。
 




TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/836-250299ed
Listed below are links to weblogs that reference
映画「天使が見た夢」  監督:エリック・ゾンカ from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「天使が見た夢」  監督:エリック・ゾンカ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top