Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「モル」   監督:タナダユキ

映画「モル」   監督:タナダユキ

上



窓際








  インディーズ喜劇です。
  映画中のあちこちで、怒号の関西弁が痛快に爆発する。血しぶきも飛ぶ。

  歯に衣着せぬ、その発言は、例えば、こんな風。
  「なんでアタシばっかり、こんな目に合うんや!」
  「アタシら女はなぁ、毎月血だらけになっとんのやぁ!!」
  「生理とか女とか、どうでもええねん! どうやったら上手に人のこと好きになれんやろなぁ~」

ゆかり  ウップンをわめき散らすのは、主人公・西原ゆかり・25歳 (タナダユキ監督・自作自演)。
  ほんま、可愛い。
  しかし、映画は決して関西風な、こてこてではない。清々しいくらい、さらっとした感触だ。そこがいい。

ビル上  どんな話かと言うと。
  ゆかりは、生理が重い。重いだけじゃない。最近、生理になると、決まって不思議なことに遭遇するようになった。
  彼女が街を歩いていると、ビルの屋上やら高い所に立つ男の気配に、ふと気付く。そして、見上げると、その見知らぬ男と視線が合う。合ったような気がする。なぜなら、ゆかりは近視だ。見えるわけがない。そして彼女は思う。まさに自殺しようとしている瞬間だと。いやや!
失神  さらには、自殺者を目撃するだけで済まない。彼女は、次に、必ず急に高熱が出て、その場で失神してしまう。
  一度だけじゃない。これまでに、もう30回以上、経験してきた。
  そして、今日も、男がいた! 失神するのを堪えて、ビルの階段を駆け上がる。
柵  屋上の柵の向こうに、男がいた。ゆかりは、その男にわめき散らす。 「なんでや。なんでアタシばっかり、こんな目に合うんや!」 続けて、日頃の恨みつらみを、この見知らぬ男にぶちまける。  「分かってんのか! アタシら女はなぁ、毎月血だらけになっとんのやぁ!!」 等々、続く続く。


組00  見兼ねた自殺願望男は、柵の向こう側で、彼女の話を聞いてやることになる。今は、はかないモデル。ほんまは女優になりたい。でも思うようにならなんのや。予約のキャンセルが起因して全ての予約がキャンセル??、キリンのオーディション不合格やら、いろいろあって・・・。(この、いろいろが面白い)

  ゆかりのこの不思議な不幸に、彼女の彼氏や新たな恋人たちとのあれやこれやが絡んでいくストーリー。
  ゆかり、どの恋もうまく行かない。だから、余計に鬱積するものが大きくなっていく。そんな関西弁のドタバタです。

 彼女に見えるビル上の男たち。あれは、関西風のベルリンの天使か。ビリケンか。
  ラスト。ウクレレ弾き語りでタナダユキ監督が歌う唄が、なんともいい。すべて許す。




下


監督・脚本:タナダユキ|2000年|76分|
撮影:久保延明、山田麻理枝|
出演:タナダユキ|石川貴子|岩波才靖|水田真靖|日名拓史|



← 高熱を下げる座薬は、もう要らない。





TOPページ (総合案内) ここから見る
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/838-07e06181
Listed below are links to weblogs that reference
映画「モル」   監督:タナダユキ from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「モル」   監督:タナダユキ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top