Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「少年」  監督:大島渚

映画「少年」  監督:大島渚

上


  主人公の中学生と幼児、その父母の、家族4人の話。
事故  「当たり屋」という稼業を選んだ家族の悲しい物語だ。
  当たり屋とは、走る自動車に故意に接触して大げさに倒れ込み、オロオロする運転手の弱みに付け込み、事故の損害賠償金を、示談で得る商売。
  母親が車に当たり、息子がそばでわめき、幼児を抱いた父親が離れたところから駆け寄る。相手の車で病院に駆け込み、医師の診断後にその結果を、父親は運転手に告げ、ああだこうだ嘆いて示談に持ち込む。 相手が警察に話を持ち込もうとすれば、おどして止める。

「当る車」を選ぶ母。
背中を押される瞬間を待つ少年。

母子  母は当たり専門で、父は示談と金の取り立て専門である。医師の冷静な診察眼をうまく回避しながら、痛い痛いを言い通して入院に持ち込む、こうした母の仕事も難しい。
  一家は金を得ると、すぐにこの街を立ち去る。逃げる。 そんなだから、街から街へと転々と移動している。列車に乗り、駅で降り、旅館に泊まり、外食し、車に当たり、これが彼らの日常である。当然、少年は学校に通っていない。
痣
  父母は、中学生の少年に、そろそろ仕事をしないか、つまり車に当ってみないか、と持ちかける。日ごろ見慣れているとは言え、いざ自分が当たると思うと怖い。
  だが、初仕事をやり終えた。なかなかのものであった。医師の診察を誤魔化すため、あらかじめ父は少年の腕に注射をする。これで打撲傷のあざができる。 
倒れ込む
  母が妊娠した。母と言っても少年の継母である。よって稼ぎ主は少年になるケースが増える。一件当たりの金額も上昇しだす。
  当たり屋稼業を続ける中で、家庭内に精神的・肉体的軋轢が生じ始める。父母の関係がきしみ出す。少年の気持ちが揺れる。当然だ。そもそも家というものが無い、とても不安定な家庭だ。相談する相手もなく彼は思い余って幾度か「家出」を試みた。少年は心の中で、どうバランスをとっているのだろうか? 観ていて関心はそこへ行く。とにかく賢い少年だ。父母や義弟への、彼の視線を観察していないと映画の深層に入れない。難しい役どころだ。
現場検証
  ある一件で、相手が警察に通報した。腕に三角巾をした少年はじめ家族全員が現場検証に立ち会わされる。写真まで撮られた。前科のある父母は、危険を感じて翌朝に一家して街を離れ、列車で遠方へ逃避行。指名手配の可能性もあって、仕事はしばらく休業する。
宗谷岬
  思い返せば、彼らが住んでいた高知を出てのち、広島、岡山、福岡、松江、城崎、天橋立、福井、群馬、山形、秋田と渡り歩いた。
  そして今、家族は北海道最北端宗谷岬にいた。この一家のこの先を暗示する印象的なシーンだ。



雪道  少年が母側に付き始め、父母の対立が深まる。そんないさかいのさ中、下の男の子が、ふらり雪道を歩き出した。向こうから車が来た! 車は雪の土手に激突。巻き込まれたくない。その場を逃げる一家。実に皮肉なことだ。

  その後、この一家は大阪にいた。狭いながらもアパートに住んでいる。そこへ、ついに警察が来る・・・。

  この話は実話に基づいている。少年を当たり屋にしたこの事件は、当時大いに注目されたらしい。
  全編、各地のロケで成り立っていて、そこがリアリティを醸し出していて、映像に力と奥行きがある。
  ところどころ、監督独特のシーンがあるが、今となっては舞台劇の1シーンのようで浮いて見える。
  最後に、この映画、この少年を演じる阿部哲夫で成り立っている。素人俳優。この方の出自や、下記以降のその後は、礼儀としてもう言わない方がいい。

 それよりも、『実際に起きた事件の、本当の一家』 の 「その後」 は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  継母は子宮がんにて死去(享年37歳)。
  父親は出所後行商をしていたが、継母の死去後、24歳年下の女性と同棲。しかしそれも長くは続かず、行方不明。
  「少年」の弟(チビ=父と継母との間の子)は、兄(「少年」)の援助を得て通っていた職業訓練校に向かう途上で交通事故死(享年16歳)。
  「少年」は、両親の逮捕後、伯母に預けられ、そこから小学校・中学校に通い、中学校を卒業後に運送会社に勤務。大型特殊免許を取得後は14歳年上の女性と結婚し、長距離トラックを運転しながらささやかな家庭を築いている。 彼の家の仏壇には、実母、義母、そして16歳という若さで亡くなった弟の位牌が収められていますが、父親の思い出に繋がるものは何一つない。
  ・・・らしい。
  以上、貴重な情報は、こちらのサイトを参照させていただきました。(外部リンクです)
  http://okkoclassical.blog.so-net.ne.jp/archive/20130520


下監督:大島渚|1969年|98分|
脚本:田村孟|撮影:吉岡康弘、仙元誠三|
出演:父:渡辺文雄|母:小山明子|少年:阿部哲夫|チビ:木下剛志|


南海電車のターミナル駅・難波駅と球場 (1969年当時!!)
逮捕された後、この電車で護送される。
南海



【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 1

やまなか URL 2013-09-19 Thu 22:05:20

そうですね。
少年は当時10歳だったそうで、役はたぶん13歳か。
きりっとした顔、特に目つきがいいですね。
やまなか


> わたしも観ました。「適度に演技している」少年と「まったく演技してない」チビの比重のさじ加減が絶妙。昭和30年代の懐かしい日本の風景が心にシミました。でも、ふと思った。子どもをあんなに酷使していいのかね? ま、大島渚だからね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/841-976c1217
Listed below are links to weblogs that reference
映画「少年」  監督:大島渚 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「少年」  監督:大島渚

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top