Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「いつか読書する日」  監督:緒方明  主演:田中裕子、岸部一徳

映画「いつか読書する日」  監督:緒方明  主演:田中裕子、岸部一徳

上
カイタ

  高梨槐多(岸部一徳)は、橋の上でぼんやりしていると、背後から大声で 「カイタ!」 と呼ばれ、思わず振り返った。男は50歳。日ごろ、名前を呼び捨てにされることはない。ギクリとした。 一方、「カイタ!」と呼んだのは、大場美奈子(田中裕子)50歳だった。
  ふたりは、中学生のころ、この街で恋人同士だった。
  その後、ある事があって別れてしまった。高梨槐多はのちに、容子(仁科亜季子)と結婚し、市役所に勤め、この街に住んでいる。大場美奈子はやはり、この街に住んでいて、朝は牛乳配達、昼はスーパーのレジで働いている。未だに独身。ふたりはともに、この長い間、心の中で愛する気持ちを押し殺して生きて来た。

美奈子  高梨槐多の父は名の知れた画家で、槐多が中学の時、妻を亡くし独身であった。大場美奈子の母も、夫を亡くしていた。いつしか、槐多の父と美奈子の母は、愛し合うようになった。大きな街ではない。噂はすぐに広まった。中学生の槐多と美奈子にとって、親の醜聞は耐えがたいものであった。 そんなある日、噂のこのふたりは交通事故であっという間に他界してしまう。この大事件に中学生のふたりの心は押しつぶされてしまう。そして別れた。その後は一度も会っていなかった。

容子00  槐多の妻・容子は自宅で病に伏せている。
  長い間、寝たきりである。死期が迫っていた。槐多は妻の介護に献身的だ。 だが容子は前々から思っている。夫の気持ちが自分に向いていないと。もちろん、槐多はそんなことはないと、その都度否定してきた。しかし、父の死後、槐多は「自分の気持ちを殺して生きるのだ」と決心していた。普通に地味に事務的に生きるのだと。裏返せば、槐多には父と同じく、自由奔放な芸術家の血がながれているらしい。
  妻が槐多に言った怨みの言葉が忘れられない。 「自分の気持ちを殺すって、まわりの気持ちも殺すことなんだからね。」
  死期を感じる容子は、女の直感である決断をする。自分が死んだら、あなたは大場美奈子と生きて欲しいと。そして大場美奈子を家に呼んで、同じことを彼女に伝えた。
  容子が死んだ。
その後  ふたりは、おずおずと、後ろめたくも、せきを切ったように愛し合うようになる。槐多は美奈子に、これからすることがいっぱいあると言う。そして美奈子は言う。 「全部、して。」  
  だが、映画はその先を許さない・・・・。


  こんな幸せもあるんだと映画は言う。長く埋もれた愛。
  しかし結末が安易だな。

下監督:緒方明|2004年|127分|
原案・緒方明、青木研次|原作・脚本:青木研次|撮影:笠松則通|
出演:大場美奈子(田中裕子)|高梨槐多(岸部一徳)|高梨容子(仁科亜季子)|皆川真男(上田耕一)|高梨陽次(杉本哲太)|大場千代(鈴木砂羽)|スーパー店長(香川照之)|皆川敏子(渡辺美佐子)|田畑牛乳店店主(左右田一平)|渡辺看護師(神津はづき)|




美奈子は、彼女を幼い時から知る近所のおばちゃん皆川敏子(渡辺美佐子)の家に呼ばれて
女ふたりで飲む時間が幸せであった。母娘のようだ。

組00
                       高梨槐多の妻・容子(仁科亜季子)は、・・・。



TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。
洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/845-2833c5e0
Listed below are links to weblogs that reference
映画「いつか読書する日」  監督:緒方明  主演:田中裕子、岸部一徳 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「いつか読書する日」  監督:緒方明  主演:田中裕子、岸部一徳

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top