Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「さゞなみ (さざなみ)」  監督:長尾直樹

映画「さゞなみ (さざなみ)」  監督:長尾直樹

稲子80
母

  静かな映画だ。

  稲子(唯野未歩子)は、無口な一人っ子。
  山形県米沢で市役所に勤めている。一人住まい。実家は和歌山で、母・澄江(松坂慶子)がカメラ店を継いでいる。
  稲子に父親はいない。 稲子の父は、稲子が幼い頃にブラジルのサンパウロに渡って行った。そして彼の地で事故に会い死亡した。母や親戚から、そう聞かされてきた。葬儀は挙げずじまいで今に至っている。17年経った。

職場  山形に住んでいる義理の叔父、つまり父の妹の夫は、米沢市役所の役職を務めている。たぶん稲子は叔父の斡旋で、ここ米沢で職員をしているのだろう。彼女の仕事は、水質検査、特に、新たな温泉源の現地調査・成分分析をしている。 気の優しい叔父は、遠巻きだが稲子の父親代わりのように稲子を見守っている。この間、叔父は、見合いの世話もした。交際範囲の狭い稲子を心配した妻が持ってきた縁談話だった。
母電話  ある日、叔父の家にサンパウロから手紙が来た。
  稲子の父が病床で書いた手紙を、サンパウロ日本人会が代理で送付してきたらしい。余命いくばくもない、稲子の母・澄江に来てほしい。そんな内容だった。ベッドサイドには、ひとりの女性が付き添っているらしい。叔父は逡巡したが、澄江に電話をかけた。澄江は、電話口でブラジル行を静かに断った。もちろん稲子には何も知らせなかった。

組  ある温泉源の現地調査で稲子は、米沢に住む玉水という男(豊川悦司)に出会う。
  玉水は、温泉源を依頼されて見つける仕事をしている。あちこちを渡り歩く玉水という男は、温泉源の利権にかかわる男たちから妬みを買うこともある、裏の影を持つ風来坊だ。だが、稲子は玉水に好意を抱くようになる。交際が始まる。新しい服を買った。家にも行った。
  小さな街だ、ふたりのことが叔父の耳に入る。叔父は玉水に会い、身を引いてくれと頼む。玉水には、逃げられた妻との間に生まれた小学生の男の子がいて、父子家庭だった。

組2  稲子が和歌山に帰省した。母が沈んでいる様子。そんな母から凌雲峡に行かないかと言われる。山と渓谷の温泉旅館。母に連れられて、稲子は何回も来たことがある。旅館の裏手の山には、両親が式を挙げたという小さな神社がある。久々に、ふたりして温泉に入り、床を並べた。何も話さないふたり。だが、母は夫の死を、稲子は玉水を思い、ふたりの心には、さゞなみが立っていた。さらに稲子の心は、父が生きていたこと、母が今も父を静かに愛していることに、震えていた。叔父の家で、偶然にもサンパウロからの手紙の封筒を、稲子は見ていたのだ。

組3  床に入ったが眠れずにいる母娘。稲子は、部屋を出て廊下にある電話口から、玉水に電報を打った。そして翌朝、彼女はひとり宿を後にした。
  一方、身を引くべく引っ越し中の玉水に、その電報が届く。軽トラに子供を乗せ、見渡す限り田んぼの中を疾走する玉水は急に車を止め、あぜ道に降り立った。迷っている・・・。どうすんだよ、あんた。

下

監督・脚本:長尾直樹|2002年|112分|
原案:中山加奈子|撮影:藤井保、松島孝助|
出演:唯野未歩子:夏井稲子|豊川悦司:玉水龍男|松坂慶子:夏井澄江|岸部一徳:尾花先生|きたろう:三益修平|天光眞弓:三益貞子|岩間謙二:玉水暁|高橋幹夫:奥津館主人|玉置こまゑ:凌雲閣女将|


TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/867-440593ba
Listed below are links to weblogs that reference
映画「さゞなみ (さざなみ)」  監督:長尾直樹 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「さゞなみ (さざなみ)」  監督:長尾直樹

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top