Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「妹」  監督:藤田敏八  主演:秋吉久美子、林隆三

映画「妹」  監督:藤田敏八  主演:秋吉久美子、林隆三

上3
 


   
上2
  若い秋吉久美子を愛でる映画だ。
  そして同時に1974年という時代を顧みる映画。

組200  ある夜、突然、妹が東京・早稲田にある実家に出戻ってくるところから話は始まる。
  下町商店街にある、元・定食屋だった実家は、今は兄ひとりが住んでいる。(林隆三)
  両親が他界して店は廃業した。兄は後を継がず、早稲田界隈の学生相手に引っ越し屋をしている。
  店のなかは、定食屋をやっていた時そのままで、店頭にある食堂テーブルを奥に押しやって、軽トラックの車庫にしている。男一人住まいだから、家のなかは荒れ放題。
  さて、ここから話は進むが、雑多なエピソードが並んでいる。まあ、あれこれ書くほどのストーリーはない。
  
  さて、秋吉久美子。演技は下手、素人同然。おまけに今観ると、ぶりっ子し過ぎ。でも、みんな観たんでしょう。男の子は、林隆三の役を自分に引き寄せて、秋吉久美子を身近に感じることができた、そんな映画。

  捉えどころがない女性が、女優のような女性が、前触れもなくどこかから突然現れて魅了し、そしてある日、ふっとどこかへ去っていく。そんな風情の女性が気を引いた時代だったかもしれません。

  吉田日出子や伊丹十三など、みんな若いです。

<映画冒頭> 東京メトロ東西線・早稲田駅。 最終電車を降り、とぼとぼと構内を歩く妹。
下監督:藤田敏八|1974年|92分|
脚本:内田栄一|撮影:萩原憲治|
出演:小島ねり:秋吉久美子|小島秋夫:林隆三|和田いづみ:吉田由貴子|山本ミナコ:吉田日出子|和由一夫:伊丹十三|岩上とよ:初井言栄|岩上みどり:片桐夕子|和田研二:村野武範|和田英子:藤田弓子|女子大生:ひし美ゆり子|写真屋:藤原釜足|秋夫の級友の妹:沢田みゆき|男:山田つぐと|やくざ:高橋明、溝口拳|玉井謙介|浜口竜哉|雪丘恵介|野村隆|桂小かん|榎木兵衛|



TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/870-11c35ac4
Listed below are links to weblogs that reference
映画「妹」  監督:藤田敏八  主演:秋吉久美子、林隆三 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「妹」  監督:藤田敏八  主演:秋吉久美子、林隆三

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top