Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「セクシー地帯 (セクシー・ライン)」   監督:石井輝男

映画「セクシー地帯 (セクシー・ライン)」   監督:石井輝男

上2









上  昭和36年の空気を満喫できる映画。
  でも古くならない映画です。ゲリラ的なロケ撮影の手法は、撮りたての新鮮さを今も失っていません。銀座や新橋の街がいきいきと伝わってきます。女優・三原葉子のコケティッシュな魅力、これもいい。このふたつが、この映画の柱になっています。

  社長などVIPを客にする高級娼婦派遣組織クロッキー・クラブ、一匹狼の女スリ師・真弓(三原葉子)、真弓と馴染みの刑事、そして銀座四丁目交差点、服部時計店(和光)の時計塔が映画の舞台背景。 
  銀座にある東洋貿易の若手社員・吉岡(吉田輝雄)が和光の前に立っていた。吉岡は、そこへ小走りに近づく真弓に強引に手を引かれて、ふたりは地下鉄への階段を数段降りる。そこで真弓が吉岡の手を放すと、「あんた、いい男ね。じゃサヨウナラ。」と女は階段を下りていく。と、突然、吉岡はふたりの刑事に捕まった。刑事は彼のポケットから真弓がスッタ財布を見つけ、吉岡を共犯者と断定し、吉岡は胸に入れたはずの会社の封筒が無くなっているのを知り、あの女がスリだと知った。
  吉岡がすられた封筒は、部長から預かったものだった。後日、吉岡は真弓とバーで会い、その封筒を返してもらう。バーカウンターで封を開けるとなにやら会員証が出て来た。話はここから闇へと展開し出す。
組3-2
  吉岡の職場には、ともに結婚を誓い合った玲子(三条魔子)がいる。がしかし、玲子はクロッキー・クラブの女であった。また吉岡の上司の部長は、玲子の馴染み客であった。吉岡とスリの真弓、このふたりは結果的に闇組織・クロッキー・クラブを追うことになり事件に巻き込まれていく。

ビルの前  真弓のハツラツとした強気な行動。これに対し、吉岡はちょい腕力はあるが要領が悪くボーっとしている。この対比の可笑しさが、サスペンスを多少甘口にしているが、これこそこの映画の味です。ほかには無い。ゆったりとご覧ください。
  

監督・脚本:石井輝男|1961年|82分|
撮影:須藤登|
出演:真弓:三原葉子|吉岡博司:吉田輝雄|玲子:三条魔子|秋子:池内淳子|須藤刑事:細川俊夫|ほか

吉岡はクロッキー・クラブの秋子(池内淳子)から秘密を聞き出す。
組2-0東京駅

<右写真> 東京駅・丸の内南口と丸ビル →

<下写真> 銀座四丁目交差点。奥に松坂屋デパートが見える。
下段は和光。映画はここから始まる。
まだまだ暗い銀座。三越デパートは映画に出てこない。

四丁目
ポスター

TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/898-166190e7
Listed below are links to weblogs that reference
映画「セクシー地帯 (セクシー・ライン)」   監督:石井輝男 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「セクシー地帯 (セクシー・ライン)」   監督:石井輝男

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top