Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「阿修羅城の瞳」  監督:滝田洋二郎  主演:宮沢りえ

映画「阿修羅城の瞳」  監督:滝田洋二郎  主演:宮沢りえ

上2

  宮沢りえを楽しむ。
  もう、それだけの映画。ああだこうだ、言っちゃいけない。

組000  でも、言っちゃうと、この映画の見方はこうだ。
  京都のあの料亭や、麻布のあのレストラン。それより、屋台のたこ焼きがうまい時がある。
  初詣やお祭り、参道に並ぶ屋台の賑わい、これもひっくるめて味わう。食材やつくる人の腕を比較しても意味ない。親戚が集まる正月に観るのもいい。

  もとは劇団のヒット作とのことだが、その劇団に興味はない。そもそも舞台と映画は互いに異次元なもの。
  それにしても、この映画、チャッチイし脚本も監督も役者もなってない。でも楽しいです。そうそう、芝居小屋のシーンは見逃せない。  
  本作と同類の映画は、一夜一話の掲載映画で言えば、飯塚健の「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」、林海象の「音曲の乱」、藤田敏八の「修羅雪姫 怨み恋歌」、木村恵吾の「初春狸御殿」、野淵昶の「幽霊列車」とか・・・。 
  


監督:滝田洋二郎|2005年|117分|
原作:中島かずき|脚本:戸田山雅司、川口晴|撮影:柳島克己|
出演:つばき:宮沢りえ|病葉出門(いずも):七代目市川染五郎|俵蔵:大倉孝二|滝次:皆川猿時|美惨(びざん):樋口可南子|花魁:土屋久美子|笑死:韓英恵|四世鶴屋南北:小日向文世|国成延行:内藤剛志|安倍邪空(じゃくう):渡部篤郎|

組組組

組組組00


TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/901-41b46ebb
Listed below are links to weblogs that reference
映画「阿修羅城の瞳」  監督:滝田洋二郎  主演:宮沢りえ from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「阿修羅城の瞳」  監督:滝田洋二郎  主演:宮沢りえ

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top