Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「百万円と苦虫女」  監督:タナダユキ  主演:蒼井優、森山未來

映画「百万円と苦虫女」  監督:タナダユキ  主演:蒼井優、森山未來

上

  結局、就活がうまくいかず、世間から置いてけぼりにされた短大卒の鈴子(蒼井優)。
  ぼんやりとバイトの日々を送る彼女は、繊細なだけに今後の自信も目標もない。ただ漠とした疎外感、取り残され感を持つに至る。

  家を出たかった。ルームシェアの話が舞いこみ、渡りに船で転居するが、シェア相手とのいざこざから、鈴子は器物破損で訴えられ、罰金が払えず東京拘置所に留置されてしまう。いや、世の中、一寸先は闇だ。世間から前科者扱い、家族は彼女を守ってやれない。でも出所して「娑婆ダバダ、シャバダバダ、パ~ダバ」ってスキャット口ずさめば、さらりと流せる・・・。

通帳  ここに居づらい。とにかく百万円貯めて、家を出るんだ。貯金通帳に印字された金額をながめると落ち着く。頼るものが何もない中で、具体的な数字が安心をくれる。がむしゃらに働いた。そして、ついに貯まった1,000,000円。

組1-0


  海が見える二階に部屋を借りれた。夏の海水浴場、海の家で働く。減った貯金がまた百万円になり、今度は山、桃の生産農家に住込みで収穫を手伝う。
  現実逃避の旅である。行った先々で働くが、関わり合いは最小限に無口を通す。できるだけ「通りすがりの人間」でいたい。孤独な、この浮遊感が気持ちいい。そこが海、そこが山、それぞれ浮遊感の色合いが変わった。

下  次は東京郊外に戻り、見知らぬ街の駅を降り、アパート借りて近くのホームセンターでバイトを始めた。ここでバイトの先輩・亮平(森山未來)に出会うことになる。
  亮平を好きかもしれない。そう思ったとき、心の隅に抑え込んで来た悲しい気持ちが、ほどけ始める気配を鈴子は感じるのであったが・・・。そして。

  蒼井優がいい。カメラがいい。タナダユキがいい。

監督・脚本:タナダユキ|2008年|121分|
脚本協力:黒沢久子|撮影:安田圭|
出演:鈴子:蒼井優|父:矢島健一|母:キムラ緑子|弟・拓也:齋藤隆成|
<実家の話と事件>バイト仲間・リコ:平岩紙|リコの彼氏で結果鈴子のルームメイト:弓削智久|刑務官:嶋田久作|刑事:鈴木達也|拓也の担任:江口のりこ|
<海>海の家の主人:斎藤歩|海の家のおかみさん:安藤玉恵|海の家の息子:宇都秀星|
<山>桃農家の絹さん:佐々木すみ江|桃農家の長男:ピエール瀧|上田村長:石田太郎|喫茶店のマスター:笹野高史|村民:青木和代|
<ホームセンター>先輩バイト亮平:森山未來|ホームセンターの新入り:悠城早矢|
道で


タナダユキ監督の「モル」はこちらから、どうぞ。   

映画ピックアップ
  一話一夜掲載の映画から、さまざまなテーマを掲げて特集しています。
20131112121758ff8_20140105193946101.png
  第9弾のテーマは、「静かな映画  邦画編」
  ガラスのように、壊れやすい映画ってある。
  繊細で華奢で、語る声が小さい。
  心ない誰かが、「辛気臭くて、つまんない。」と言った瞬間に、壊れてしまう。
  心静かな時に観よう。こちらからどうぞ

TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/905-5d730573
Listed below are links to weblogs that reference
映画「百万円と苦虫女」  監督:タナダユキ  主演:蒼井優、森山未來 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「百万円と苦虫女」  監督:タナダユキ  主演:蒼井優、森山未來

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top