Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「愛・アマチュア」  監督:ハル・ハートリー

映画「愛・アマチュア」  監督:ハル・ハートリー

上3

  こういうテイスト、好きだな。
  サスペンス&アクション映画。
組0-1 60  語り口に独特の匂いがある。絵がいい。脇役に、やたら存在感がある俳優たちを配置している。遊び心を忘れない。そう、作る人が楽しんでいるんだ、それが伝わってくる。各シーンの作り、舞台演劇の風合いも。

  舞台はニューヨーク。ポルノ女優のソフィアは、同居の男をマンションから突き落し逃走している。イザベルは、貧しいひとり住まい。小説を書き始めているが、うまくいかない。彼女は幼い頃から神のお告げを信じていて、新たなお告げを待っている。10数年間、修道院にいたのもお告げであった。

ふたり 0  ソフィアに突き落とされた男トーマスが路上からむっくりと起き上がった。さほどの怪我はなく、ただし記憶喪失になっていた。トーマスはイザベルと偶然出会い、彼女の家に保護される。依然記憶は戻らず、ふたりは淡い恋路を歩み出す。そしてトーマスが失った記憶を取り戻すために、わずかな手がかりをもとに探偵ごっこを始める。

組3-50 0 00  そのトーマスだが、組織の男であった。ソフィアはトーマスを殺し(たと思っている)、自由を得て、次にまとまった金が欲しかった。彼女は、知っている組織の男エドワードを呼び出し、聞き出した組織の秘密をネタに組織をゆする計画。当然に組織から殺し屋が2人現れ、ソフィアとエドワードを追跡。幾重のアクションシーンが始まる。

組4 0 333 L  さて、イザベルとトーマスは、ソフィアと同居していたトーマスのマンションを突き止め、殺し屋と遭遇する。ここから話はもつれだす。そしてついに、互いに会うべきでなかったイザベル、トーマス、殺し屋、ソフィア、エドワードは・・・。

殺し屋オリジナル・タイトル:Amateur

監督・脚本:ハル・ハートリー|アメリカ、イギリス、フランス|1992年|106分|
撮影:マイケル・アラン・スピラー|
出演:イザベル・ユペール(元尼僧イザベル)|マーティン・ドノバン(記憶喪失トーマス)|エリナ・レーベンソン(ポルノ女優ソフィア)|ダミアン・ヤング(組織の経理担当エドワード)|チャック・モンゴメリー(組織の男ジャン)|デイヴィッド・サイモンズ(組織の男カート)|
下


  ハル・ハートリーの映画「ヘンリー・フール」
  さり気ない脚本に飾らない演出、技がきく役者たち。古くならない、いい映画の代表選手です。 こちらからどうぞ。


TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/906-5c91dde6
Listed below are links to weblogs that reference
映画「愛・アマチュア」  監督:ハル・ハートリー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「愛・アマチュア」  監督:ハル・ハートリー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top