Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「透明人間」 (1954年)  監督:小田基義  特技監督:円谷英二

映画「透明人間」 (1954年)  監督:小田基義  特技監督:円谷英二

上

  銀座の雑踏を、ナイトクラブの宣伝プラカードを持って歩く、ピエロ姿の男・南條。彼は、旧日本軍の透明人間・特攻隊の生き残りであった。戦後、彼は隠れるようにひとり静かに生きて来た。いつもピエロの化粧をしている。何故なら化粧を落とせば・・・。

  さて、ことの発端のひとつは、透明人間が車にひかれ死亡した。透明人間は死亡すると、姿が見えるようになるのだ。この事件がマスコミを賑わせた。この交通事故は、軍によって透明人間にされた男が世をはかなんでの自殺であった。残された遺書から、もうひとり透明人間がいることが世に知れるようになる。
  ことの発端のもうひとつは、この事件後、透明人間をかたる強盗団が出没し大金を強奪する事件が多発し始めた。彼らは表向きはナイトクラブを経営しているギャングであった。
  さて、「もうひとりの透明人間」を追跡する新聞記者の小松は、苦難の末についに南條と対面する。そしてピエロ衣装を脱ぎ透明になった南條と小松は、ニセの透明人間を追い求め、ギャング麻薬密売の暗闇に突入していくのであった・・・。
  
組0監督:小田基義|1954年|70分|
原案:別府啓|脚本:日高繁明|特技監督・撮影:円谷英二|
出演:南條(ピエロ):河津清三郎|矢島:高田稔|小松(新聞記者):土屋嘉男|健(ナイトクラブ黒船の男):植村謙二郎|ジョー:水野匡雄|美千代(美人クラブ歌手):三條美紀|盲目の少女まり:近藤圭子|龍田警部:大友伸|警視総監:恩田清二郎|代議士:沢村宗之助|まりのおじいさん:藤原釜足|宝石商の店員:堤康久|社会部デスク・山田:村上冬樹|


TOPページ (総合案内) ここから見る
   テーマ別映画特集・人気ランキング・新着映画紹介が見れます。

洋画の映画評だけ見る  ここから記事を読む 
   題名で探す こちらから
   国名で探す こちらから

邦画の映画評だけ見る  ここから記事を読む
   題名で探す こちらから
   監督で探す   こちらから
観たい映画、気になる映画は、こちらから どうぞ  


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 1

やまなか URL 2014-01-14 Tue 12:20:20

いやいや、尊敬しますです。
> 「ウルトラセブン」に凝ってます。これ、観てみますね。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/908-dd2ebaeb
Listed below are links to weblogs that reference
映画「透明人間」 (1954年)  監督:小田基義  特技監督:円谷英二 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「透明人間」 (1954年)  監督:小田基義  特技監督:円谷英二

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top