Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「シャロウ・グレイブ」   監督:ダニー・ボイル

映画「シャロウ・グレイブ」   監督:ダニー・ボイル

上
  イギリスのサスペンス。
  思わぬ大金を前にして、3人の人生が狂っていくお話。
  筋書きは特筆することはないが、映画の語り口がなかなかに上手。しっかり観ていると、3人の心理描写がいい。最後までみせてくれます。

  ここはグラスゴーにあるレンガ造りの古風な3階建て集合住宅。二人の男と一人の女が、その3階の広い部屋をシェアして住んでいる。たぶん賃貸してるんだろう、部屋がひとつ空いているんで、もう一人誰かを住まわせたいと思っていた。


組0  この住人たち3人、なかなか気位が高そう。大手の新聞記者アレックス、歴史ある会計事務所に勤めるデイビッド、そして総合病院の勤務医ジュリエット。それぞれにひと癖ある。同居人募集の結果、やっと彼らが納得する共同生活者が見つかった。小説を書いていると言う男ヒューゴだ。ところがこの男、入居した翌日にベッドの上で死体となっているのを3人に発見される。さて、ここからお話が始まります。
  アレックス(ユアン・マクレガー)がヒューゴの部屋を探索すると、ベッドの下から札束がギッシリ詰まったスーツケースが出てきた。それを見たジュリエットは、警察に電話しようとしていたその受話器を置いた・・・。さらにヘロインが見つかる。この男、過量服薬で死んだらしいと3人は推測する。

  どうする? という、めくるめく思いが3人の心の中を駆け巡る。数日経って意見は一致した。死体を森の奥に埋めよう。みんなで運んで、切断・顔面破壊は、くじでデイビッドがやった。大金のスーツケースは屋根裏に隠す。
  その後、何もなかったように日常生活が続いた。だが3人の心境はそれぞれに揺らぎ始める。とりわけデイビッドが大きく変容していく。金を守ると言って屋根裏にこもり奇行に走る。 だが、この行為は正しかった。犯罪組織の男が2人、部屋に押し入って屋根裏に侵入するが、暗闇にいたデイビッドは目が闇に慣れていたせいか、組織の男をハンマーでたやすく殺せてしまう。
  ある日、ついに刑事がやって来た。3人から個別に聞き取りを始めた。その質問の様子から、刑事たちはすでにことの次第を知っている様子、さらには3人が知らないことも知っている。浮足立つアレックスたち。ここへ来て、分かることは、大金を目にした時から、心が一番大きく変化し出したのは、実はジュリエットだった。仲間割れが表だって進んで行く。さてさて、その結末は・・・。
  
オリジナル・タイトル:hallow Grave
監督:ダニー・ボイル|イギリス|1994年|93分|
脚本:ジョン・ホッジ|撮影:ブライアン・テュファノ|
出演:アレックス:ユアン・マクレガー|デイビッド:クリストファー・エクルストン|ジュリエット:ケリー・フォックス|マッコール刑事:ケン・スコット|ヒューゴ:キース・アレン|ほか

ダニー・ボイルの映画をご紹介。
  上記「シャロウ・グレイブ」の監督、ダニー・ボイルの作品を一夜1話から、どうぞ。
「普通じゃない」 
  Bな風味をどうぞ。アクション、ダンス、ラストのアニメなど、エンターテインメントに気配りした、おとぎの映画です。
「ミリオンズ」
  ポンド/ユーロの通貨移行で慌しい年末に、ダミアン少年の前に22万ポンドが詰まった大きなバッグが、空から落ちてきた・・・。

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/923-33f2a466
Listed below are links to weblogs that reference
映画「シャロウ・グレイブ」   監督:ダニー・ボイル from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「シャロウ・グレイブ」   監督:ダニー・ボイル

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top