Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「アドレナリンドライブ」  監督:矢口史靖  主演:石田ひかり、安藤政信

映画「アドレナリンドライブ」  監督:矢口史靖  主演:石田ひかり、安藤政信

上


組0






  楽しいじゃないですか、ね、この映画。
  監督お得意のB級コメディ&アクション。全開してます。
  こういう「いいB級」って、作る方はもちろん、観る方も何気に持てる力量を試されてしまう。でも力まなくていいんです。気楽に楽しめてこそ、ですから。

  主人公は、看護師の静子(石田ひかり)と、レンタカー営業マンの悟(安藤政信)。ともに内にこもった毎日をそれなりに、そんなもんだと思って過ごして来た。これといって夢があるわけじゃない。このふたり、その出会いは爆発事件であった。

 ・人生を変えたその時-1。
  悟が会社の車を回送中に、運悪くヤクザの黒岩(松重豊)のジャガーに追突。
  悟は組の事務所に呼び出される。が、その最中、ガス漏れ・引火の爆発で事務所が吹き飛ぶ。生きてたのは、軽傷の悟と重症の黒岩だけ。

 ・人生を変えたその時-2。
  静子は、勤務中に病院から看護師姿でコンビニへ買い出しに出ていた。
  彼女は、その爆音を聞いてコンビニから現場に駆け付けた。救急車が到着し、静子も悟と黒岩の搬送を手伝う。さてこれがこの話の核心だが、爆発前、組の事務所に、札束がぎっしり詰まったスーツケースがあった。黒岩は怪我を押して、そのスーツケースを持って救急車に乗った。そして救急車は、すぐそばに静子が勤めている病院があるのに、ほかの病院へ走り始めた。

 ・人生を変えたその時-3。
  その途中、救急車は交通事故を起こし、ガードレールを突き破って、道路脇の川に落ちかかった。救急隊員は即死、黒岩は足をバタバタさせていた。
  すべてはとっさの判断だった。悟は、車内に散った血まみれの札束をかき集めスーツケースにしまい込む。
  その時、救急車は川へと傾き始める。スーツケースを抱えた静子は悟の手をとって脱出。
  次の瞬間、車は水没。スーツケースを抱えた静子と悟は呆然と川面を見ていた。

くみ0  さあ、ここから話は猛スピードで突き進む。大金を手にした2人は、自分の人生を変えるために逃避行。一方、死んだはずの黒岩が、静子の勤務する病院のICUにいた。金のゆくえを知る黒岩は、ICUの看護師から情報を聞き出し、組の手下に指示して悟を探させる。黒岩自身も病院を抜け出し追いかける。ああ、静子と悟は・・・、そして追っ手はじりじり2人を追い詰める。そして、最後は騙し騙され、機転をきかせ!

  1993年「裸足のピクニック」、1997年「ひみつの花園」そして1999年「アドレナリンドライブ」と、ホップ・ステップ、うーんジャンプ。ちょーっと、調子が狂ったかも。話の展開はスピーディなんだけど、途中、静子がメガネをはずしたシーンのあたりから。監督特有の毒気が持続せず薄れていく。「裸足のピクニック」や「ひみつの花園」では毒気のあるストーリーと主演女優のかけ合わせがラストまで絶妙だったが、残念。ただし、見方変えれば、前2作に比べて一般受け狙い。
下  一方、本作で初めて男優に毒気を持たせた。頭のよいヤクザの黒岩(松重豊)だ。柱になる役。そこそこ良い出来。悟(安藤政信)役は、う~ん最後まで影が薄い。「ロボジー」のじいさん役・ミッキーカーチスで男優起用が成功した。  
  ついでに言うと本作「アドレナリンドライブ」 、1997年のドイツ映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」から影響うけたかな・・・観てみてください。

監督・脚本:矢口史靖|1999年|111分|
撮影:浜田毅|
出演:石田ひかり(佐藤静子)|安藤政信(鈴木悟)|松重豊(黒岩)|角替和枝(婦長)|マギー(山田)|坂田聡(田中)|木下明水(中川)|長谷川朝晴(川上)|六角慎司(上野)|石倉力(野島)|上田耕一(荒川組長)|

矢口史靖の映画 4本 ~ 一夜一話より (それぞれの映画評を以下からご覧ください。)

   「裸足のピクニック」   「ひみつの花園」   「ハッピーフライト」   「ロボジー」

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/927-55ba6632
Listed below are links to weblogs that reference
映画「アドレナリンドライブ」  監督:矢口史靖  主演:石田ひかり、安藤政信 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「アドレナリンドライブ」  監督:矢口史靖  主演:石田ひかり、安藤政信

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top