Home > 美術・写真・民芸 > 「イメージの力 ~国立民族学博物館コレクションにさぐる」  国立新美術館  2014年 6月9日まで

「イメージの力 ~国立民族学博物館コレクションにさぐる」  国立新美術館  2014年 6月9日まで

  良かった良かった。こういう質の高い展示は嬉しい限りです。

  国立新美術館と国立民族学博物館の共同企画。
  「人類の歴史は、イメージの歴史でした。イメージは文字に先行し、さらには言葉の源になったと考えられます。世界の本質や構造にかたちや色を与えて視覚化することは、人間に与えられた根源的な資質のひとつなのです。」(展示概要から引用)
  うーん、なるほど。そう、声・手・木・茎で音を発することや踊ることで、世界をイメージ化すること、これも人間に与えられた根源的な資質だな。展示を見ていると、音楽が聞こえてきそうだった。
 
3人  展示室の入り口でいきなり、こんな3人が迎えてくれる。(右写真) その大きさは、等身大くらい。ここで、さっそくしばらく見入ってしまった。
お面  次は、広い壁に古今東西のお面が、これでもかと並んでいる。ひとつひとつ見ていると、静かな時間を楽しめる。
  だが、これらはまだまだほんの序の口で、そのほか、実にさまざまな展示が多数、趣向を凝らして次に待っている。

  展示で小さなもの、キャラメルくらいの大きさの分銅、天秤で使うこんなものが彫金されて美しいフォルム。日常的に使う道具に気持ちが込められている。 大きなものは、例えばトーテムポールのような数メートルのアジアの木彫が並んでいる。美術館の天井の高さが迫力を生み出している。
  現代のものもある。ビールやジュースの缶で作ったオモチャの自動車や飛行機。棺桶もある。その形がいい。ベンツ・ジェット旅客機・巨大なビール瓶、そして極め付けは「巨大なイカ」、これには驚く。
  もちろん、多くの展示物はアジア・アフリカを中心とした民族的宗教的な内容のものが多い。博物展として見るのもいいが、美術展として見るほうが面白い。そこら辺の現代美術と称するものより、ずっと刺激的な展示である。
  とにかく、時間がある時にゆっくり見るのがいいと思う。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/934-fadda852
Listed below are links to weblogs that reference
「イメージの力 ~国立民族学博物館コレクションにさぐる」  国立新美術館  2014年 6月9日まで from 一夜一話

Home > 美術・写真・民芸 > 「イメージの力 ~国立民族学博物館コレクションにさぐる」  国立新美術館  2014年 6月9日まで

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top