FC2ブログ

映画「老人の恋 紙の力士」  監督:石川均

上
組0
  いい映画、上級の喜劇です。R15+ 指定のハッピーエンドもの。
  ここは、茨城県結城市の近郊。住宅街のはずれ、そばには田んぼが広がり、竹やぶがある。
  石川省吾(ミッキー・カーチス)は妻に先立たれて、この一軒家で一人住まい。息子は結婚して、もっと市街に近い所に別居している。
  省吾は、解離性同一性障害(多重人格障害)らしい。家にいるはずが、意識がふっつり途切れて、外を歩いている。そして田んぼのあぜに倒れ込む。近所の人からの連絡で、長男夫婦が駆けつける。そんなことが度々ある。夫婦はイヤイヤながら同居を考えざるを得ないが、とりあえず住込みの老人介護ヘルパーを付けようということになった。話は、ここから始まる。 

  省吾の担当になったユミ(丸純子)がやって来た。本人曰く、老人好き。ツッケンドンな嫁に比べ、はるかにやさしく応対してくれる。息子夫婦にペルパーを押し付けられた事への反感と、「老人介護」そのものに嫌悪感があった省吾も、徐々にではあったがユミのふるまいに心が緩んでいく。そして、孤独感から解放され、実に久々に心が安らぐのであった。

  省吾は少年の頃、紙で作った力士で相撲とらせる紙相撲ゲームに熱中する、そんな一人遊びが好きな子供であった。そののち青年になり、少々努力して社会性を持ち、家庭を持ち、愚息ながらも独り立ちして、ま、そこそこの人生を送って来た。そして老後、やがて妻の死、一人住まい。彼はまた、ひとりで紙相撲ゲームに熱中するようになっていた。突如、居間に力士がぬっと現れて省吾と会話する、そんな幻視も見るようになった。だが、彼は、これはこれで嬉しかった。話相手がいるのだから。

  そんなことだから、省吾はユミを大切にした。いや、省吾も老人とは言え男であった。心が騒ぐこともある。だが見識はあった。しかし、ユミは、その一線を越えるか越えないかの微妙な態度をとるように、省吾には見えた。
  ユミは、実は介護する老人から金を巻き上げる犯行を、男に指示されて繰り返してきた女だった。「でも、じいちゃんを好きになったことは本当」だとユミは思っている。
  ある日、その男が省吾と面会する。ゆすりに来たのだ。省吾は、男が言い出した金額をはるかに超えた額を言った。不意を突かれて逆にあわてる男。「これで決着だ。ユミとは縁を切れ。ユミは養女として引き取る。」省吾は男とユミに言った。この武士のようなアッパレな態度に、例の幻視の力士も驚いて、竹やぶの影から省吾を褒めるのであった。 だが、息子夫婦が見守るなか、ユミは省吾にわざと汚い捨て台詞を吐いて、家を出て行った・・・。
  そして一年半のち、省吾がひとり庭いじりをしていると、ユミが笑顔で現れた。

  ミッキー・カーチスがいい味だしている。矢口史靖監督の映画「ロボジー」でも主演でした。 最後に、省吾が見る幻視のシーンを楽しもう。

下監督・脚本:石川均|2010年|70分|R15+ 指定|
撮影:下元哲|
出演:石川省吾(ミッキー・カーチス)|ユミ(丸純子)|マグロ海(勝矢: 大日本紙相撲協会横綱。省吾の妄想に登場)|ユミの背後にいる男(勝矢)|省吾の息子(奈良坂篤)|息子の妻( 井手規愛)|山田(吉田大蔵: 近所の老人)|物々交換屋の青年(加藤潤)|


映画ピックアップ ~ 一夜一話

2mm第2弾のテーマは、「やはり、大人の映画ってある。」 

  やっぱり、大人の映画ってある。
  もちろん、R-18指定みたいなことじゃない。
  お子ちゃまじゃ、映画が言ってるその奥が理解できない。仕方ない。
  偉そうに言うわけじゃない。 こちらからどうぞ。

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト



やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply