Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「わすれな草」   監督:イップ・カムハン   香港映画

映画 「わすれな草」   監督:イップ・カムハン   香港映画

上


組0







  香港の下町を舞台に、中年の自称ヤクザと、どの組にも属さない若いチンピラとの、チョイしんみりする喜劇です。

  どう見てもヤクザに見えないヒョウ(エリック・ツァン)が、30年ぶりに香港に帰って来た。
  むかし、キャバレーで見たあの女に、今もう一度会いたい。ただそれだけのために、ヒョウは移住先のブラジルからひとり帰国した。美しい人だった。30年思い続けてきた。

  香港の街はすっかり変わっていた。
  あの女を探すに、誰か街の事情を知るやつが必要だ。その若いチンピラが暴れているのを見て、ヒョウはこの男をガイド役にスカウトした。名はスモーキー(ニコラス・ツェー)。
  だが、このスモーキーは、ふたつの組から追われている。この騒動にヒョウも巻き込まれ、2人は追われて街中を駆け抜ける。

  ヒョウは、なぜブラジルに行ったのか? 
  本人が言うに、その昔、自分は九龍というヤクザと張りあっていた。ある日、キャバレーで九龍と出くわし、つまらぬことでまた争いになった。店のあの女が、自分と九龍のどっちを見つめているか、の言い争いが発端。自分は九龍に撃たれ、気が付くとブラジル行きの船の中。ヒョウが探す女とは、この時の女であった。

  これを聞いたスモーキーは、九龍の所在をなんとか探し当てた。九龍はその後、その筋に認められ、今はショバを仕切っているらしい。かたき討ちを決心したヒョウは、九龍を襲うという。
  しかし、ヒョウの武勇伝はだいぶ作り話であった。実はヒョウも九龍も、当時は肉屋の店員だった。さらには、ヒョウが九龍を撃ってブラジルへ逃げたのだった。

  スモーキーに隠していたことがあった。
  それはヒョウ自身のこと。若年性アルツハイマーが駆け足で進行していた。ブラジルで思い続けた女を忘れてしまわないうちに、今一度、一目見ておきたい。だからの帰国だった。ヒョウには時間がなかった。
  そして、ついにヒョウの念願は叶った。30年前そのままの美しい人。女はヒョウを迎えてくれた。 
  もう、思い残すことは何もない。ヒョウは計画通り自殺するのであった。

  ラストシーン。スモーキーがヒョウの面倒を一生懸命みている・・・。
    
下オリジナル・タイトル:半支煙|英題:Down in Smoke|
監督・脚本:イップ・カムハン|香港|1999年|101分| 
撮影:ピーター・パウ|唄:テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」|
出演:ヒョウ:エリック・ツァン|スモーキー:ニコラス・ツェー|思い出の女(アナン):スー・チー|若き日のヒョウ:スティーブン・フォン|若き日の九龍:サム・リー|チンピラ:テレンス・イン|婦人警官:ケリー・チャン|スモーキーの幼馴染:ジョー・クーク|女ボス:サンドラ・ン|スモーキーの母:エレイン・ジン|


一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/945-70dce1fc
Listed below are links to weblogs that reference
映画 「わすれな草」   監督:イップ・カムハン   香港映画 from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画 「わすれな草」   監督:イップ・カムハン   香港映画

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top