Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「台湾の暇人」  監督:アーサー・チュー

映画「台湾の暇人」  監督:アーサー・チュー

  台湾の郊外を舞台に3組の男女が繰り広げる、おバカでハチャメチャな話。
  三つの話、初めは無関係、徐々に関係し合い、そして絡み合い、ラストで合体!

左90組の0  新築マンションに一番乗りで引っ越してきた、現代的な新婚夫婦。(左写真)
  季節は夏。マンションの近辺は、まだ人けがない。周囲は夜になると、真っ暗。でも、窓を開け放つと気持ちいい風。
  この夫婦は友達夫婦で仲はいいが、夫の方は倦怠期に入っている。妻がせがんでも寝てしまう。夫は愛車ミニクーパーを手入れする時、こころが一番落ち着く。 妻は、夫のために料理に手をかけ、健康器具で美容健康に余念がない。
  ある夜、夫が真夜中に愛車を撫でに行った。妻はマンションの屋上に出てみた。見晴らしが素晴らしい。遠くに打ち上げ花火が見える。その時、妻のこころに、ある感情が急にこみ上げてきて、胸いっぱいになる。部屋に戻ってベランダへ出る。夫も戻ってきて寄り添う。ついに妻は我慢していた思いがあふれ出し、泣き出した。 「どうしちゃったの?」 互いのこころが、すれ違い始めた新婚夫婦。


  2組目の男女の話。(右の写真) 
  金持ちの一人娘は、若気の空しさから自殺したいくらいのヤケッパチ。娘の彼氏はチンピラ男。娘は夜中に自宅を抜け出て、イルミネーションちかちかのカフェで待ち合わせ、だったが、彼はどっかに行ったらしい。彼氏を探しに、娘は来た道を引き返す。今度は彼氏がカフェに戻って来て、「彼女は?」・・・。すれ違いだ。
  娘は、夜道で寂しげな女装男に会う。なぜか気が合って、女装男の家に行く。一方チンピラは、強盗しようと鉄パイプ片手に、人けのないマンションに侵入していた。狙ったマンションの一室は、なんと女装男の部屋だった。さらに偶然、その部屋は新婚夫婦の部屋の真下。

  3組目の男女の話。(写真右端)
  マンションで同棲しているこの男女、一緒になる願いが叶わぬのか、幾度も心中を試みるが、上手く行かない。列車に乗って遠くで心中する計画だったが、男が遅刻して列車は発車してしまった後。駅のはずれで線路に横たわるが、電車は来ない。マンションに帰って、部屋で首つりしようとしたが、天井はそれほど丈夫ではなかった。手首を切ろうとしたが、痛い。次は、白と青の2種類の睡眠薬をテーブルにぶちまけて、ふたりが飲む分量を分ける。たちまち二人は寝込んでしまう。
  先に目覚めたのは男の方。再度、首つりするが失敗し諦める。そして、ま夜中に部屋を出て女装姿で薬屋を探すが、どこもみな閉店後。そんな時に、男は金持ち娘に出会う。
  一方、その頃、マンションでは、睡眠薬を多量に飲んだにも関わらず、女も目覚める。そして男がいないことに気付く。女は、ベランダの柵の外側に腰かけて、ぼんやりしている。急に苛立たしくなって、植木鉢やらコンクリートブロックを下に落とす。階下では、ちょうど新婚夫婦がベランダで 「どうしちゃったの?」 と言っている最中。不意に落ちてくる植木鉢やブロックに驚き、3階の女にわめく! 「何やってんじゃ!」 新婚夫婦は、上の部屋に文句を言いに行く。

  夫婦が階段を上がってみると、3階の部屋のドアは開いていた。鉄パイプを持ったチンピラが先に侵入していた。女装男が金持ち娘を部屋に連れてきた。さあさあ、すれ違い合う、この男女・3組が、ここで、思いがけなく鉢合わせ。おかしいドタバタ光景が展開する。

  ああ、好きですね、こういう映画。
  文章にするとダラダラですが、観て楽しむ映画です。

鉄パイプで脅す不良男。金持ち娘を盾にする新婚夫婦。
奥は自殺未遂の女。その相手の男で女装男は、鉄パイプで殴られ床に転がっている。

下
オリジナル・タイトル:假面超人|英題:Falling Up Walking Down
監督・脚本:アーサー・チュー(瞿友寧 チュウ・ヨウニン)|台湾|1997年|102分|
撮影:タシ・チェン・フェイ|
出演:チャン・ユン・チェン|チャン・リー・チェン|リン・シェン・ワ|チャン・フェン・シュ|チャオ・ユー・シア|スー・ティエン・シャン|



【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              

 
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/946-01391563
Listed below are links to weblogs that reference
映画「台湾の暇人」  監督:アーサー・チュー from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「台湾の暇人」  監督:アーサー・チュー

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top