Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「コーヒーをめぐる冒険」  監督:ヤン・オーレ・ゲルスター

映画「コーヒーをめぐる冒険」  監督:ヤン・オーレ・ゲルスター

上

0-55.jpg  この映画、どうも腑に落ちない。
  まず、映画が観る者に、説明し過ぎるのである。つまり観る者が想像する余白が無い。
  次に、主人公ニコに比べ、脇役俳優連の存在感・個性が強いため、各脇役に設定された不可解な世界観が、話の主題よりも前面に強く出て来てしまう。かつ、脇役がシーンごとに入れ替わり立ち替りするので、この映画は一体何を言いたい映画なの? という壁にぶち当たる。
  かと言って、主人公ニコが表立たずに話の進行をつかさどる狂言回しか? というと、そうでもなさそう。最後まで、中途半端さが付きまとう。Oh Boy 
 
  いや、脇役を主に考えて、それぞれの脇役登場人物たちが持つ、不可思議さを組み合わせたパズル的な作品だと捉え、このパズルを解けば現在のベルリンが分かる仕掛けなんだ、と思えばいいか。やっぱりニコは狂言回しか。

  映像はモノクロですがデジタルなのでしょう、エッジがキリリと立ってパキパキしていて、これはこれで気持ちいい味です。
  ニコの同級生ユリカ役の女優フリーデリッケ・ケンプターが光っています。
  この映画を観て、ヴィム・ヴェンダースを持ち出す向きもあるかもしれないが、そう言う方には初期のヴィム・ヴェンダース作品を、も一度観ることを薦めます。

下

オリジナル・タイトル:Oh Boy
監督・脚本:ヤン・オーレ・ゲルスター|ドイツ|2012年|85分|
撮影:フィリップ・キルサメル
出演:トム・シリング:ニコ・フィッシャー|マルク・ホーゼマン:友人マッツェ|フリーデリッケ・ケンプター:同級生ユリカ|ユストゥス・フォン・ドーナニー:上階の住人カール|ウルリッヒ・ノエテン:ニコの父|ミヒャエル・グビスデク:老人フリードリヒ|フレデリック・ラウ:不良青年リーダー|カタリーナ・シュトラー:ガールフレンド|アンドレアス・シュレーダース:神経質な心理学者|カタリーナ・ハウク:コーヒーショップ店員|キャスリン・フィッシャー:モヒカン店員|アルント・クラビッター:クサい芝居の俳優|リエンダー・モーダーゾーン:エリート部下|マルティン・ブラムバッハ:無賃乗車検察官|RP・カール:検察官R2D2|テオ・トレブス:ドラッグディーラー少年マルセル|リス・ボットナー:マルセルのおばあちゃん|アレクサンダー・アルトミリアノス:中華好き劇場受付スタッフ|シュテファン・C・ユルゲンス:前衛劇団演出家|ティム・ウィリアムズ:夜のバーテン|ザンネ・シュナップ:明け方の看護師|


一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/948-ddbf2c27
Listed below are links to weblogs that reference
映画「コーヒーをめぐる冒険」  監督:ヤン・オーレ・ゲルスター from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「コーヒーをめぐる冒険」  監督:ヤン・オーレ・ゲルスター

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top