Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「インポート、エクスポート」  監督:ウルリッヒ・ザイドル

映画「インポート、エクスポート」  監督:ウルリッヒ・ザイドル

上




00.jpg







  ウクライナとオーストリアの現実を、働く者の視点から活写した映画。
  ウクライナ美人のオルガは、幼い子と母親との三人暮らし。看護師として働いているが、病院の一方的な給与カットが続き、生活が困窮している。ほかの仕事を探したが、結局はオーストリアへ単身出稼ぎに行くことになる。
  一方、オーストリア人の男性ポールは肉体を鍛えるのに余念ないが、仏頂面で無口、いささか引きこもり系の男。仕事が続かず、今は無職。結局、義父の仕事を手伝うことになり、ポールと義父はウクライナの各地を車で巡ることになる。
 
  オルガとポール、この二つの話は交互に語られるが、話が交わることない。総じて、説得力ある映像、筆圧が強いストーリー。厳しい現実やR15なシーンに、コミカルな語り口を添えて、独特な大人の映画にしている。R15シーンに過剰反応すると、映画が言う事が見えなくなるのでご用心。
1組0 1組00



  まずは、ウクライナ人・オルガの話。
  病院に勤務しながらアルバイト先を見つけた。Webカメラの前で、客とライブチャットしながら陰部を見せる仕事。見よう見まねで、仕事に就いてはみたものの、一回で辞める。
  探したが国内にいい仕事が見つからず、子を母親に預け、友人を頼りにオーストリアへ出稼ぎに行くことになった。その友人は、オーストリア男性と偽装結婚し現地で仕事している。
  オルガが友人から先ず紹介された仕事は、住込み家政婦。この邸宅の夫人は気位が高く同時に孤独と猜疑心に苛まれている。そんなトバッチリですぐクビになった。
  そののち、友人が務める病院で、彼女と一緒に清掃婦の仕事に就けた。やっとこれで定期的な仕送りができるのであった。

  この病院は、認知症老人のための、長期入院用ベッドがある療養型病院。つまり患者たちは、ここで死を待っている。仕事は病室の清掃や汚物の回収だが、持ち前の看護師魂が頭をもたげて来てたオルガは、患者たちと親身な接触をする。
  患者のうち一人の男性が、結婚しようと言い出す。偽装結婚が頭をよぎったが、笑って受け流す彼女であった。ある日、ラジカセにダンス音楽を用意し、この患者と密かにリネン庫で、一緒に踊ってあげた。だが、翌日この老人が心臓発作で他界する。悔むオルガ。










2組0000002組0
 さて、オーストリアのポールの話。
 ショッピングセンターの夜警をしていたが今は無職。金がない。借りれる友人から借金しまくっている。その中に義父もいた。「返せないなら俺の仕事を手伝え」 ということで、義父に付いてウクライナへ行くことになる。
  極寒の中をふたりは車中泊しながらウクライナの各地を巡り、中古ゲーム機を納品し、現地のあちこちに置いたガムボール自販機から現金回収をする。
  時にホテルに泊まる。暖房設備もおぼつかない安ホテル。義父は女好き。さっそくバーに行き、客の女に話しかけるが、言葉が通じない、もどかしい。義父はポールに助けを求めるが、ポールは母親思いで助けない。ホテルの部屋に戻ると、義父がコールガールを相手にSMごっこの真っ最中。「お前も加われ」と言われるが、その気になれないポールだ。なんやかんやがあって、ポールは義父とケンカ別れをしたが所持金がない。仕方なく、ウクライナで仕事探しを始めるのであった。




下オリジナル・タイトル:Import/Export
監督:ウルリッヒ・ザイドル|オーストリア・ドイツ・フランス|2007年|135分|R15+|
脚本:ウルリッヒ・ザイドル、ベロニカ・フランツ|
撮影:エドワード・ラックマン、ボルフガング・ターラー|
出演:オルガ(エカテリーナ・ラック)|ポール(パウル・ホフマン)|
ミヒャエル・トーマス|マリア・ホーフスタッター|ゲオルク・フリードリヒ|エーリヒ・フィンシェス|






P1              P2.jpg
ポールと義父が、たどり着いたウクライナの団地。                          オーストリアの長期療養型病院。
スラム化している。                                              昼夜なく、繰り返し念仏を唱えるような人、叫ぶ人。
あちこちから子供が出て来て、車に取りつく。                
ガムボールをばらまいて逃げる。
ガムを拾う子達がアパートの間から見える。



小説「おっぱいとトラクター」 マリーナ・レヴィツカ著
  母さんが死んで2年が過ぎた頃、父さんはウクライナ生まれのバツイチ金髪美女に入れあげた。84歳の父さんに対して、相手は36歳・・・。たとえるなら、ちゃらちゃらしたピンクずくめの手榴弾がいきなり我が家に飛び込んできたようなもの。こちらからどうぞ。  

【 一夜一話の 歩き方 】

最新の記事はこちら。      直近の記事100 リストは、こちらから (All Archives)

邦画評だけ見る (直近掲載の50作品)   洋画評だけ見る (直近掲載の50作品)  

TOPページ (映画記事の人気ランキング、新作映画みました、映画の特集)

邦画の題名リスト    ◆洋画の題名リスト

邦画の監督名リストから記事を探す   ◆洋画の国別リストから記事を探す

一話 (京都、旅行、美味など)      書評   美術

クラシック音楽    ポピュラー音楽              


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/949-60aec797
Listed below are links to weblogs that reference
映画「インポート、エクスポート」  監督:ウルリッヒ・ザイドル from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「インポート、エクスポート」  監督:ウルリッヒ・ザイドル

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top