FC2ブログ

映画「パラダイス 神」  監督:ウルリッヒ・ザイドル  「パラダイス3部作(愛/神/希望)」より

上


     上2










  宗教をテーマにする、かなりビターな喜劇です。人の業と言いましょうか。
  映画は、コミカルな語り口を忘れずに、人の業をえぐり出します。
  このコミカルさの妙味がピンと来ないと、ただ重いだけの映画になります。

組0  大きな病院でレントゲン技師として勤務するアンナ・マリア。敬虔なカトリック信者だ。緑多いウィーン郊外の一軒家に住んでいる。ひとりが住むには、相当に広い家だ。家の中のあちこちに十字架がかけてある。アンナ個人の祈りの部屋もある。窓辺にキーボードが置いてあって、毎日ひとりで讃美歌を歌う。家全体が聖なる空間。アンナが作り上げたパラダイス。

  家の地下には、特別な部屋がある。東欧・ロシア・トルコなど様々な国から来た移民に、カトリックを普及させる伝道者集団があって、その特別な部屋に伝道者たちが定期的に集まり、祈りをささげる。アンナは、最近この集団に属して、下層で喘ぐ移民の家をマリア像を持って一軒一軒訪問し伝道活動をしている。伝道集団は結構一生懸命で、その思いが時に原理主義のようにもみえる。
組組000  この影響からか、アンナの信仰は、日を追って先鋭化する。例えば、祈りの部屋でアンナは、イエス像の前にひざまずき、人々の罪をわが身に引き受け、聖なるムチで半裸のわが身を打つことを日課にしている。また、ロザリオを持ち祈りをささげながら、家の中を膝で歩きまわる・・・。
  こうしたアンナの信仰の高ぶりの背景には、ふたつのことがあった。ひとつは、夫ナビルが事故で半身不随になったこと。ふたつ目は、夫が2年前にアンナの前から去った。つまり、半身不随になったことで、夫は酒浸りになって荒れ、夫婦不和が生じたのだ。残されたアンナは、さびしかった。
  家の近くの公園で、野外セックスを楽しむ集団を目撃したアンナは、帰宅後、イエス像を壁から外しキスをし、そっと自分のベッドに引き入れるのであった。

  さて、何の前触れもなく夫が家に帰って来た。夫ナビルはイスラム教徒だ。そして関白亭主であった。
  ナビルは、アンナの態度の異変や、家の中の様子が一変していることに驚いた。ナビルはアンナに、かつての生活態度に戻ること、特にベッドを共にすることを要求し、また家中の十字架を杖を使って外した。
  アンナは、がんとして無視し続けた。さらには、ナビルが家中を移動できないよう、車椅子を隠し、階段にある身障者用の椅子型エレベータを使えなくする。

  しかし実のところアンナは、ナビルが戻ったことを内心、嬉しく思っていた。抱いてもらいたかった。
  だが、アンナの信仰心が邪魔をする。これは、イエスが自分に与えた試練だと、自らに言い聞かせるが、祈りの部屋でアンナは、イエス像を繰り返しムチで激しく打ち続けるのであった。



追0  ナビルが、伝道者の集まる部屋に侵入するシーンが印象に残る。このシーンはイスラムの眼で見ているので、カトリックが何やら邪宗に見える。
  生活が豊かで知的な移民に、伝道するシーンも面白い。狭い視野で伝道を語るアンナに対し、再婚のこの夫婦は辛辣に反論する。アンナの心境があぶりだされる。
  夫に対して剣呑な態度さえみせるアンナであったが、ある深夜、夫が眠るソファーベッドに密かに寄り添うのであった。

オリジナル・タイトル:Paradies: Glaube
監督:ウルリッヒ・ザイドル|オーストリア・ドイツ・フランス|2012年|113分|R15+|
脚本:ウルリッヒ・ザイドル、ベロニカ・フランツ|
撮影:ボルフガング・ターラー、エドワード・ラックマン|
出演:リア・ホーフステッター:アンナ・マリア|ナビル・サレー:ナビル|

◆オーストリアの宗教信仰事情
キャプチャg1

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト



やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply