Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ナイン・ソウルズ」  監督:豊田利晃  主演:原田芳雄、松田龍平ほか

映画「ナイン・ソウルズ」  監督:豊田利晃  主演:原田芳雄、松田龍平ほか

上
組組00
  刑務所を脱走した9人の男たちの顛末を描く、コメディ映画です。
  殺人シーンがいくつもあるので、シリアスな映画なんだと思って観ると、ありえないっとか、つまんないっ、という事になってしまいます。コメディ映画ですからね、楽しんで観ましょう。

  9人は、みな10数年の刑期がまだある人たちだ。一番の年長者・虎吉(原田芳雄)の指揮のもとに、集団で脱出、奪ったキャンピング・カーで逃走する。
  しかし、この団体行動は徐々に崩れていく。9人それぞれが抱えている思いや願いを叶えるべく、ひとりまたひとりとキャンピング・カーを降りて行く。 脱走のニュースは刻々と報道される。東京に着いた時には、メンバーは3人になってしまった。

  そもそも、この脱走は虎吉自身のための脱走計画だった。
  虎吉は用意していた礼服に着替えて、娘(松たか子)の結婚式場へ向かったが、娘に拒否される。そりゃそうでしょう。でも虎吉は嬉しかった。虎吉はキャンピング・カーに戻ってひとりぼんやりしていると、去って行ったメンバーが三々五々戻って来る。わいわいがやがや、楽しい。もちろん、まぼろしであることは彼も分かっている。
  だが、ひとり足りない。金子(松田龍平)だ。ラジオから金子がビルで籠城している事件のニュースが流れている。虎吉は、その現場に車を走らせ、ビルの下からクラクションを鳴らす。金子がそれに気付いて、ビルの窓を開けた・・・。

  9人それぞれが演技を競い合っていて楽しいですが、彼らの愛人役であったり弟役(瑛太)であったりする、チョイ役出演の俳優たちもいい味だしてます。

下監督・脚本:豊田利晃|2003年|120分|
撮影:藤澤順一
出演:長谷川虎吉:原田芳雄|金子未散:松田龍平|車一馬:千原浩史|宍戸ラン:鬼丸|亀井富士夫:板尾創路|猿渡清:KEE|白鳥ひでみ:マメ山田|乾真一:鈴木卓爾|牛山一郎:大楽源太|元偽札王 山本:國村隼|定食屋の主人:藤木悠|駄菓子屋の主人:麿赤兒|タモリ:北村一輝|脱走犯の金子の弟・金子ノボル:瑛太|中山:井上順|
ユキ:松たか子|ガン子:鈴木杏|ユリナ:伊東美咲|佳子:京野ことみ|ミサオ:唯野未歩子|希新:今宿麻美|


組15000

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。

◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。
   
   題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/956-f2f480ef
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ナイン・ソウルズ」  監督:豊田利晃  主演:原田芳雄、松田龍平ほか from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ナイン・ソウルズ」  監督:豊田利晃  主演:原田芳雄、松田龍平ほか

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top