Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「17歳のカルテ」  監督:ジェームズ・マンゴールド

映画「17歳のカルテ」  監督:ジェームズ・マンゴールド

上


上2








  時は1960年代のアメリカ。 
  ある精神病院に入院しているハイティーンの女の子たちの、青春の日々。
  映画は、深刻な症状を抱えている彼女たちの様子を素直にみせる。

  環境が整ったきれいな病棟だ。生活レベルが高い家庭の患者が多い。
  高校三年生の主人公スザンナ(ウィノナ・ライダー)は、タクシーに乗って、ひとりで病院に来た。入院は精神カウンセリングを受けた結果、自分で決めた。もちろん、両親は心配している。
中  女性専用病棟にはボスがいた。もう8年も入院しているリサ(アンジェリーナ・ジョリー)だ。
中2  ストーリーはこのふたりを軸にして、思春期を病院で過ごさざるを得ない女の子たちの様子を、軽やかに、時に重く、時に笑いを誘いながら描いて行く。

  原作は自伝。だから映画は、障がいを持つ身から見えてくることが語られている。 
  また、1968年のキング牧師暗殺のニュースが、院内のTVで放映されるシーンや、The End of The Worldなど当時のヒットソングが流れるシーンなど、アメリカの1960年代がスケッチされていて、登場する女の子たちの当時の心境を印象付ける効果を狙っている。
  リサ役の女優アンジェリーナ・ジョリーが抜群にかっこいい。
中3
  

オリジナル・タイトル:Girl, Interrupted
監督:ジェームズ・マンゴールド|アメリカ|2000年|127分|
原作:スザンナ・ケイセン(「思春期病棟の少女たち」自伝 1994年出版)|
エグゼクティブ・プロデューサー:キャロル・ボディ、ウィノナ・ライダー|
脚本:ジェームズ・マンゴールド、リサ・ルーマー、アンナ・ハミルトン・フェラン|
撮影:ジャック・グリーン|
出演:Susanna ウィノナ・ライダー|Lisa アンジェリーナ・ジョリー|Georgina クレア・デュヴァル|Daisy ブリタニー・マーフィ|Polly エリザベス・モス|Tobias Jacobs ジャレッド・レト|Dr.Potts ジェフリー・タンバー|Dr.Wick ヴァネッサ・レッドグレイヴ|Valerie ウーピー・ゴールドバーグ|Janet アンジェラ・ベティス|Cynthia ジリアン・アルメナンテ|Prof. Gilcrest ブルース・アルトマン|Mrs. Gilcrest メアリー・ケイ・プレイス|


一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/971-f65f5261
Listed below are links to weblogs that reference
映画「17歳のカルテ」  監督:ジェームズ・マンゴールド from 一夜一話

Home > 洋画評だけ見る 直近50作 > 映画「17歳のカルテ」  監督:ジェームズ・マンゴールド

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top