Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ゲンと不動明王」  監督:稲垣浩

映画「ゲンと不動明王」  監督:稲垣浩

上


上2








  子ども向けの本が原作の映画だが、大人も観てみよう。
  もちろん、子ども(ゲン)が主人公の映画だから、そのまんま、「なぜか懐かしい」郷愁と可愛らしさの児童文学な楽しさを味わうのもいい。


組0  だが、もう一歩踏み込んで、登場人物たちのセリフの背景にある 昭和25年頃の人々の心の持ちようや、風土や村社会、経済、衣食住の様子に注目してみよう。 
  60年前のことが、いかに遠くなったことか。まるで他国の様子をみるようだ。 今を生きる者にとって、原風景と言ってもいいかもしれない。一度、振り返ってみては いかがでしょうか。

  話は、木曽の田舎の寺、清閑寺が舞台。
  妻を亡くした住職(千秋実)は、長男ゲンと妹のイズミの三人世帯。ひとりで寺と子育てを切り盛りするが、寺の畑仕事まで手が回らない。村の寄り合いで再婚を薦められ、他村からバツイチのおその(乙羽信子)をもらうこととなった。世話をしたのは、本山・久遠寺の住職(笠智衆)だ。
  この再婚話には条件があった。それは、ゲンを里子に出すこと。おそのは、男の子を亡くしており、ゲンと生活するのを嫌った。里親(高橋とよ=小津映画の女将役)は、久遠寺そばの街の雑貨屋。ゲンに辛く当たる。
  一方、我慢がきかない おそのは寺の生活に嫌気がさして、実家に帰ってしまう。しかし、おそのに懐いたイズミが、おそのを呼び戻すことになる。
  ゲンは、久遠寺境内にある不動明王に励まされて、里子として前向きに生きることになる。(このゲンと不動明王の、教育的幻想シーンに特撮・円谷英二が絡んでいる)

  話の結末は、いかがなものかと思うが、全編において演技、撮影ともに、その素性がいい。すうっと立ち上がる素の良さ。そこに、笠智衆が現れると、何とも、しっくりハマります。

下監督:稲垣浩|1961年|102分|
原作:宮口しづゑ|脚色:井手俊郎、松山善三|特技監督:円谷英二|
撮影:山田一夫|
出演:オッチャン(ゲンの父で清閑寺住職) 千秋実|ゲン 小柳徹|イズミ(妹) 坂部尚子|おその(後妻) 乙羽信子|久遠寺の和尚 笠智衆|大妻かね 高橋とよ|しょうちゅう屋のおばさん 千石規子|光子 浜美枝|原竹夫(中部バス運転手) 夏木陽介|すずめ屋のおばさん 東郷晴子|きりさ 菅井きん|安井 横山運平|小林 小杉義男|藤山 田武謙三|藤山の母 村田嘉久子|佐々木 稲葉義男|信一 土屋嘉男|徳平 谷晃|峠の茶屋のばあさん 飯田蝶子|音爺 左卜全|マサシ 奥村弘二|ハルキ 寺田耕司|不動明王 三船敏郎|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://odakyuensen.blog.fc2.com/tb.php/973-33282e09
Listed below are links to weblogs that reference
映画「ゲンと不動明王」  監督:稲垣浩 from 一夜一話

Home > 邦画評だけ見る 直近50作 > 映画「ゲンと不動明王」  監督:稲垣浩

タグクラウド
プロフィール

やまなか

Author:やまなか
 日ごろのアクセス、本当にありがとうございます。気づけば、ブログを始めて8年目に入りました。一夜一話に掲載したい映画、まだまだあります。気の向くまま、その時の気分でやってます。遊び半分じゃなく、「全部遊び」です。

<一話一夜の方針かな>
 1)古今東西の映画を分け隔てなく並べて、気に入った映画を選びます。
     
 2)以前に観た映画でも、もう一度あらためて観てます。むかし感じた印象と大きく異なることも多いからです。

 3)「素」な気持ちで、「映画作品そのもの」に向き合うことが、私の遊びです。
 作品自体が語りかけてくること以外の額縁情報、つまり宣伝文句、その受け売り文章、受賞実績、監督発言、出演俳優がどうしたとか、そして映画評論本やらは、はなから無視して、自分の眼で観るようにしています。

 4)観て気に入らない映画、つまんない映画は、基本掲載しません。
 だから、観たけど掲載しない映画は多いです。巨匠の名作と言われる映画も、気に入らなければ掲載しません。また、名物にうまいモノなし、ということも実感します。

 ただし、まだ観てない映画は、たくさんあります。こんな一夜一話ですが、今後も、見に来てください。   
 美術や音楽、書籍や温泉の記事も増やしたいと思っています。よろしく。  

RSSリンクの表示
Tree-CATEGORY

Return to page top