FC2ブログ

映画「シクロ」  監督:トラン・アン・ユン  出演: トニー・レオン、トラン・ヌー・イェン・ケー

0.jpg       うえ2
少年シクロの家の朝。 家の裏を流れるどぶ川を見る少年。


組0  ここは、べトナム、ホーチミン市街。少年シクロは、自転車タクシー(Cyclo)で稼いだ金を家に入れている。
  少年は、自転車タクシー業を営む女主人に雇われている。街には、この稼業を営む輩が多く、縄張り争いが絶えない。だから女主人の情夫で、詩人と呼ばれる男(トニー・レオン)は、チンピラを数人連れて縄張りを周る。

  ある日、少年の自転車タクシーが盗まれた。縄張り争いする同業の仕業であった。だが、盗まれた車の購入コストは回収できない。よって女主人の命令で、詩人は少年の身柄を拘束し、少年はチンピラとして強制的に働かされることとなった。 盗みの手伝い、ヤクの運び屋、そしてある日、拳銃と、仕事の前に恐怖心を払しょくするために飲む、覚せい剤2錠を渡された。人殺しの仕事だ。だが、覚せい剤を飲んだ少年は、興奮し錯乱状態の中で、自ら青いペンキを全身に浴びていた。

  少年の姉は、女主人の裏商売の風俗業で働いている。客とは寝ない、触らせない。見るだけのアブノーマルな客相手。ところが、ある客がバージンの姉に手をかけた。これを知った詩人は、逆上し客を刺し殺してしまう。姉と詩人は、愛し合っていたのだ。
  女主人は孤独だった。一日中家に閉じこもり、障がいを持つ息子を溺愛し過ごす毎日。その子は、少年シクロと同い年だった。しかし不幸にも、この子が事故死してしまう。嘆く女主人のもとに、少年シクロが殺しを敢行できなかったことが伝わる。女主人は少年を許した。その後、少年は自由の身となり、ふたたび自転車タクシーに乗って街に出ることになった。

  この映画の監督は、「青いパパイヤの香り 」「夏至」のトラン・アン・ユン。
  だが、この映画はサスペンス映画として観るほうが理解しやすいだろう。

下原題:Cyclo|
監督:トラン・アン・ユン|フランス・香港・ベトナム|1995年|128分|(便宜上、本作をベトナム映画としておきます)
台詞:トラン・アン・ユン、グエン・チュン・ビン、パトリシア・プティ|
撮影:ブノワ・ドゥローム|
出演:少年シクロ:レ・ヴァン・ロック|詩人:トニー・レオン|少年の姉:トラン・ヌー・イェン・ケー|女主人:グエン・ヌ・キン|グエン・ホアン・フック|ゴ・ヴー・カン・ハイ|グエン・トゥエット・ガン|ドアン・ヴィェト・ハ|

一夜一話の歩き方・ガイド
◆ TOPページ (総合案内) ここから見る
   お薦め映画ピックアップ・掲載映画人気ランキング・新着映画紹介を掲載中。

◆ ふつうに見る。 こちらから、どうぞ。 (ブログの最新記事が読めます)

◆ 邦画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。        ◆ 洋画評だけ見る。 こちらから、どうぞ。

   題名から探す。  監督から探す。             題名から探す。  国名から探す。

◆ 記事全リスト (All Archives)

   
関連記事
スポンサーサイト
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply