FC2ブログ

映画「ウィズネイルと僕」  監督:ブルース・ロビンソン

組0

  「ひとつの時代が終わろうとする時」を主題とする映画なんだろうと思う。また、自伝的脚本を書いた監督には、Swinging-Londonといった華やいだ文化の中にいたという意識は、たぶん無いんじゃないかと思う。

  時は1969年ごろ。ロンドンに住むウィズネイルと僕は、ともに俳優志望で貧乏なオボッチャマ青年。ハッタリかますウィズネイルと、引っ込み思案な僕。ふたりは何かと小心で、漠たる傷心な日々を過ごしている。  
  五月革命やプラハの春やらには距離を置く2人は、世間に背を向け、カウンターカルチャーな生活にドップリ浸かっている。1960年代末特有の、一種の負け犬意識がふたりにはある。
  家賃不払いでアパートに居れなくなったふたりは、ウィズネイルの伯父の別荘へ行くが、僕はゲイの叔父に迫られる・・・。
  う~ん。ツマンナイ。どこがいいんだろう? どう傑作なんだろう? 何が言いたいのか? 
  1969年。あの時代の当事者として監督は、何をどう表現したいのだろうかが、皆目わからない映画だ。
  
  映画冒頭にキング・カーティスのサックスで、プロコル・ハルムの曲「青い影」が流れる。
  これで思い出すのは、つのだ・ひろの「メリージェーン」が流れる映画、「あらかじめ失われた恋人たちよ」 だ。(監督:清水邦夫/田原総一朗・1971年) 
  この邦画も、ひとつの時代が終わろうとする時を主題とする映画。時代に立ち会った作り手の当事者意識がはっきりしている。軟弱でありながらも骨がある青年を演じる、石橋蓮司が男であった。<2011-05-15掲載>

組200  「ドント・ルック・バック」という1967年の映画がある。
  ボブ・ディランの英国ツアーのドキュメンタリー映画だ。ディランの憂鬱と、10代の女の子たちのキャーキャーが対照的だった。<2012-11-02>
  この「ドント・ルック・バック」に登場する若い子たちの世代が、Swinging-Londonとか言う文化の享受者たちであり、消費者たちである。かたやSwinging-Londonの作り手たちは、この子たちより年上の世代だ。つまりウィズネイルと僕の世代。彼らは同時代的な憂鬱の空気の中にあった。たぶん、そこんとこを言いたかったんじゃないかな、この「ウィズネイルと僕」という映画は。

原題:Withnail and I
監督・脚本:ブルース・ロビンソン|イギリス|1987年|107分|
撮影:ピーター・ハナン
出演:ithnail リチャード・E・グラント|I/Marwood ポール・マッギャン|Monty リチャード・グリフィス|Danny ラルフ・ブラウン|Jake マイケル・エルフィック|
関連記事
スポンサーサイト
やまなか
Posted byやまなか

Comments 1

There are no comments yet.

やまなか  

Re: タイトルなし

なるほどコメディね、そういうことでもあるでしょうね。
私も私じゃなければ、そう思えたかもしれない。
でも、同時代的に感じる者にとっては、そうそう笑える状況じゃなかったですね、当時を思い返せば。

> テーマ云々よりもコメディとして圧倒的にすぐれているんだと思いますよ。
> 機知に富む台詞の数々はいろいろな作品で引用されています。
> 私が観たときは観客は爆笑につぐ爆笑でした。
> そしてラストは青春の終わりのせつなさが味わえる名作です。

2015/05/14 (Thu) 19:10

Leave a reply