一夜一話

Archive2011年12月 1/1

2011年 印象に残る映画

ああ、経っちゃいました、1年。実に困った事、山積みのまま、1年。何やってたんだかの、1年。映画館に、思うように行けなかった、1年。でも、なんとか年末まで、こぎ着けた自分に、ご苦労さん!2011年公開の映画から☆☆☆☆☆100,000年後の安全        すごいドキュメンタリー映画。原発に反対/賛成の人も避けて通れない最終処理。放射性廃棄物の最終処理のために岩盤を地下深く掘って、そこに想像を絶する広大な貯蔵施設...

  •  0
  •  0

映画「無言歌」  監督:ワン・ビン

    毛沢東はソ連・スターリンの協力のもと中華人民共和国を1949年に建国。  ソ連では、1953年スターリン死去。フルシチョフが権力を後継し、1956年にスターリン批判開始。  中華人民共和国は建国後、数年経て党の中央政治局が権力を握りはじめ、毛による独裁体制が揺らいできた。  1956年、毛は最高国務会議の場で「百花斉放百家争鳴」を提唱。つまり「多彩な文化を開花させ、多様な意見を論争する」要するに「共産党へ...

  •  0
  •  0

人気の映画評・ランキング

No image

いつも御ひいき いただき、ありがとうございます。今年6月から12月までの6ヶ月間で、アクセスいただいた回数の多い映画記事をリストアップ。多い順にベスト30を並べました。新しい記事より古い記事の方が、どうしても回数が多くなります。10月以降の比較的新しい記事でも30位に入ったものには☆「あらかじめ失われた恋人たちよ」 「原子力戦争 Lost Love」 「クーリンチェ少年殺人事件」「100,000年後の安全」「見上げてご...

  •  0
  •  0

映画「名前のない少年、脚のない少女」  監督:エズミール・フィーリョ

     障がいのある少女の話じゃない。ストリート・チルドレン少年の話でもない。変な邦題。  とてもきれいな映像です。画面のデザイン力が抜群で、心憎い。  手前やバックのピンボケが柔らかい。  撮影される小物ひとつひとつまで吟味している。  映像詩のパッチワーク。しっかりしたストーリーはありません。  どことなく1970年初頭のような雰囲気がある。  ハンドルネーム Mr. Tambourine Man少年の掲示板へ書...

  •  1
  •  0

映画「ロスト・チルドレン」  監督:ジャン=ピエール・ジュネ

   クリスマス・イヴの夜、煙突を伝って暖炉からそっと現れるサンタ。笑みを浮かべ手にはプレゼントのおもちゃを持っている。幼い子は暖炉に目を見張った。二人目のサンタが現れ三人目のサンタが現れ、幼い子は泣き出し逃げ出す。サンタ達は次々に現れ子供部屋は押し合いへし合い。ギャー!! 子供がみる夢を、頭に器具をつけ直接脳に受信していたクランクは悪夢から目を覚ます。実は彼はクローン人間。  クランクは身体の老...

  •  2
  •  0

映画「われに撃つ用意あり」  監督:若松孝二  主演:原田芳雄、桃井かおり

    1968年10月21日に起きた新宿騒乱事件、その中に全共闘学生・郷田(原田芳雄)がいた。目の前の機動隊員の男の頭を割ろうと思った一瞬、チュウチョした。思い返しても失態だった。案の定、その機動隊員に郷田の頭は割られた。血を流し郷田は走った。新宿の夜の街へ。一軒のバーに逃げ込んだ。店のマスターは黙って傷の応急処置をし、かくまってくれた。その後、郷田は新宿でバーを始めた。そして20年が経ち今日が閉店日だっ...

  •  0
  •  0

映画「サウダーヂ」 監督:富田克也

  いい映画です。  応援してます!   何も気にせず言うと、手練れのベテランには到底手が届かない「素人の素晴らしさ」、あるいは、振り返ってみればファーストアルバムで成しえた事が最高だった、みたいな、そんな領域を大事にしてるんだ、と勝手に思う。「素」の質が高く、芯がしっかりしている。だからストレートで素直、まわりを気にして飾ったりしない。一方、たどたどしいとも言えるが、したたかだ。  <ストーリー...

  •  1
  •  0

映画「つめたく冷えた月」 監督:パトリック・ブシテー

   ロック聴いて世の中すねて斜に構え、世間のしがらみ避けるに強がり言ってワルやって、いつのまにか年月たって、腹がポッコリでてきた。主人公デデと相棒シモン。 最低限の生活レベルで日々楽しんでいる。街のみんなも受け入れてる。馴染みの店じゃ楽しい。  受け入れないのが、デデの妹の旦那。  兄デデは妹夫婦の家にイソウロウ。但しデデは小型キャンピング・トレーラーを庭に置かしてもらっている。ここがデデの城。...

  •  0
  •  0

サンタになる!

今朝、近くの幼稚園の送迎バスをすれ違った。バスの運転手と先生(女性)が、サンタ姿だった。簡単にサンタになれる。ニットキャップです。詳しくは、fu-bi BeardHead ニットキャップ サンタ...

  •  0
  •  0

映画「ベッドかざりとほうき」  監督:ロバート・スティーヴンソン

   1940年、ドイツ軍によるロンドン大空襲で孤児となったチャーリー、キャリー、ポールは、ロンドンから遠く離れた田舎、海近くの小さな村に疎開してきた。受け入れ先は、子供嫌いなミス・プライスおばさん。彼女は密かに魔法学校の通信教育を始めていた。彼女が、ほうきで夜空を飛ぶのを子達に見られてから仲よくなる。  一方、この小さな村の沖合いに、ドイツ軍の潜水艦が来ていた。ドイツ軍兵士達は夜陰にまぎれて村まで上...

  •  0
  •  0

うつは心の風邪

No image

製薬会社は 「薬を売るより病気を売れ」 という営業方針で、患者をつくって来た。(英国・デビッド・ヒーリー教授)今や神経症や軽い気分の落ち込みまで、うつ病とされる。「米国精神医学会の診断基準を日本が導入したことが、うつ病の範囲を広げた」(防衛医大・野村総一郎教授)以上朝日新聞連載記事 「100万人のうつ」よりアメリカの映画なんかに、金持ちそうな精神カウンセラーが出てくる。患者はもっとリッチ。ああいうの...

  •  0
  •  0

映画「ミリオンズ」  監督:ダニー・ボイル 

   イギリスがユーロ市場圏加入直前の頃の、お話。  E-day!  クリスマスから、1ユーロ=67ペンス。  交換レート固定です。  E-dayが終わるとポンドは使用不可になります。・・・EMU経済通貨同盟からのお知らせ。  フランスはフランと別れ、  ドイツはマルクとさようなら、  ポルトガルも何とかという通過と別れた。  今度は僕らがポンドと別れる。さようなら!  ポンド/ユーロの通貨移行で慌...

  •  0
  •  0

気になる映画 29

 「ポエトリー アグネスの詩 」              「NINIFUNI」イ・チャンドン監督                   真利子哲也監督銀座テアトル・新宿武蔵野館2012・2月          ユーロスペース2012・2月        「父の初七日」                     「ヒズミ」ワン・ユーリン監督                  園 子温監督東京都写真美術館・銀座シ...

  •  0
  •  0

映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」  監督:森崎東

 福井県の美浜原発を取り上げた映画。  原発内で危険な作業を専門にする人々を原発ジプシーと言っている。定期検査がある全国各地の原発を渡り歩いている。  更衣室で、原発に入る前の準備風景が映画に出てくる。下着の袖口やズボン下(下着)のスソを太い粘着テープで何重にも巻いている、放射能汚染水の浸入を防ぐ手段なのか? 発電所の係員は作業者全員の首に放射能探知機をかける。宇宙服のような防御服を着て、暗い狭い...

  •  0
  •  0

盆栽ダー って知ってます?

  大宮は盆栽を売りにしている。  で、「盆栽ダー」という、ご当地サイダー。TVでやってた。  やけっぱち と あっぱれ の綱引きだ。  公式サイトがある。  http://www.omiyaboncider.info/...

  •  0
  •  0

映画「サンタクロースの眼は青い」  監督:ジャン・ユスターシュ

    大人の映画ですね。語り口がビターです。  劇映画なんですが、軸足は少しドキュメンタリー風。  当時のフランスは、職の無い若いのが街でぷらぷらしていた。本屋で万引きして転売したり、市場やデパートをめぐって財布の落し物を探したり。  街を歩く人の服装で、生活程度が分かってしまう時代。映画冒頭、黒人が上等なコートを着て歩いているのを見て、うらやましがっている。服装が貧相だと、入れない店もある。だ...

  •  0
  •  0

映画「夢の旅路」 監督 :マイケル・ディ・ジャコモ

    ニューヨークのタクシー運転手ヘンリーは、チンピラギャングを乗せて裏通りに着いた。拳銃を出して金は払わないと脅される。ヘンリー「好きにしてくれ、撃つなら撃て!」  チンピラが下車したあと、ヘンリーは何もかも嫌になってボンヤリ、そのまま停車していた。突如、心に収めていた一切合財が一気にあふれ出し絶叫する。そしてまた、ボンヤリしだす・・・。朽ちたビルの壁にある天使の絵を眺めている。何か心が癒され...

  •  0
  •  0

映画「てなもんやコネクション」 監督:山本政志

  おバカで楽しい!  いい映画。  初見でした。  大阪の釜ヶ崎エネルギーと、香港の下町エネルギーが濃厚な感じで、ぶつかり合い、爆笑する。  こういう映画は、予告編を先に観た方が話は速い! 予告編はこっち。  自宅で旅行代理店を営む夫婦が、広東語が堪能なツアーコンダクターを募集していた。これに飛びついたのが、クミ。実はカタコトの広東語能力なのだが、面接に行ったその日、いきなり仕事を任され面食らう...

  •  0
  •  0

映画「イン・ザ・スープ」 監督:アレクサンダー・ロックウェル

  ニューヨーク下町の話。  ジョーじいさん(シーモア・カッセル)は、いい歳して女たらしでウサン臭いが、笑顔でダンディ。金は無い。そしてどこで覚えたのか上流階級の男の生き方を、ほんのり身につけている。一匹狼だが手下はいる。スキッピーとダーンのふたりは、頭のチョウツガイが数個抜け落ちてる危ない男たち。ヤク商売の実務を担当してる。  アルドルフォ(スティーヴ・ブシェミ)は自称脚本家/映画監督。夢想の人...

  •  0
  •  0

映画「恋の花咲く 伊豆の踊子」 監督:五所平之助  主演:田中絹代

  原作なんて、とうに忘れたが、気楽に行こう。サイレント映画の呼吸法を知ってれば、なお楽しい。  湯川楼の大旦那善兵衛は温泉を旅館に引いて繁昌だが、踊子の兄栄吉から鉱山を二束三文で買い取っていた。その鉱山を掘ってみると大当たりだ。当時伊豆各地で鉱山開発に沸いていた。その話を聞いて栄吉は憤懣やるかたない。とうとう大旦那に談判に行く。だが、そこで出た話は、妹の薫(田中絹代)が湯川楼の内芸者になるなら、...

  •  0
  •  0

小説「ふしぎな山からの香り」  ロバート・O・バトラー著

  アメリカの白人が書いた短編小説集だが、小説の登場人物はみなベトナム人たち。それもアメリカに移住したベトナム人たちが主人公。  よってそれぞれの話は、ベトナムでの生活、移住後のアメリカでの生活が描かれている。  ベトナムですでに成功していた人、アメリカに来て成功した人、ベトナムで米国駐留軍と商売していた人、米兵相手のクラブで働いていたが米兵とアメリカに渡った来た女など、さまざま。  ベトナムが少...

  •  0
  •  0

映画「流れる」  監督:成瀬巳喜男  出演:山田五十鈴、|高峰秀子、岡田茉莉子。田中絹代

  立場の違う多くの登場人物の思いを、肩に力を入れず上手に描きわけ、各人が織り成す当時の柳橋の空気を生き生きと映し出している。名画です。  東京、隅田川沿いにある由緒、格式ある芸者の街、柳橋。  つた奴(山田五十鈴)は器量・芸・品ともに、この街では名が知れた華やかな芸者だった。旦那ができ娘の勝代(高峰秀子)が生まれ、置屋「つたの家」を営み商売繁盛、しかし旦那は去ってしまった。昭和も30年代に入り花街...

  •  0
  •  0