一夜一話

Archive2013年12月 1/1

映画「阿修羅城の瞳」  監督:滝田洋二郎  主演:宮沢りえ

  宮沢りえを楽しむ。  もう、それだけの映画。ああだこうだ、言っちゃいけない。  でも、言っちゃうと、この映画の見方はこうだ。  京都のあの料亭や、麻布のあのレストラン。それより、屋台のたこ焼きがうまい時がある。  初詣やお祭り、参道に並ぶ屋台の賑わい、これもひっくるめて味わう。食材やつくる人の腕を比較しても意味ない。親戚が集まる正月に観るのもいい。  もとは劇団のヒット作とのことだが、その劇団...

  •  0
  •  0

生誕130年 川瀬巴水展 ~郷愁の日本風景  千葉市美術館  2014年1月19日まで

  千葉まで行って見てきた。満足!  川瀬巴水は、大正・昭和の浮世絵師、版画家。(1883年(明治16年) - 1957年)  川、運河、せせらぎ、海、雨にぬれた路・・・と水辺が好きな川瀬巴水。  夜の静寂、遠くの灯や火、月が好きな巴水。  雪景色、絵の奥へと続く路、ひとり黙々と歩く人・・・詩情的な風景。    たくさんの展示でしたが、飽きない。すばらしい。持って帰りたい版画が何点もあった。  、  巴水と同...

  •  0
  •  0

映画「我らの生活」  監督ダニエレ・ルケッティ

  舞台はイタリア、ローマ郊外。  クラウディオは、マンション建築工事の現場監督。監督自ら身体を動かし、仕事の要領を身を持って見せ、現場のやる気を引き出していく。働き手には、ルーマニアやモロッコからイタリアに入国して不法滞在、低賃金で働く男たちが混じる。クラウディオは、美しい妻と二人の子持ち。妻は三人目をお腹に抱えている。決して金持ちじゃないが、幸せな家庭。子煩悩なクラウディオ。  だが、ま、映画...

  •  0
  •  0

映画「セクシー地帯 (セクシー・ライン)」   監督:石井輝男

  昭和36年の空気を満喫できる映画。  でも古くならない映画です。ゲリラ的なロケ撮影の手法は、撮りたての新鮮さを今も失っていません。銀座や新橋の街がいきいきと伝わってきます。女優・三原葉子のコケティッシュな魅力、これもいい。このふたつが、この映画の柱になっています。  社長などVIPを客にする高級娼婦派遣組織クロッキー・クラブ、一匹狼の女スリ師・真弓(三原葉子)、真弓と馴染みの刑事、そして銀座四丁目...

  •  0
  •  0

映画「天使の入江」   監督:ジャック・ドゥミ  主演:ジャンヌ・モロー

                      映像の美しさを楽しむ映画。  しゃれた映像。フランスの街の背景がオシャレなんじゃない。カメラワークが軽妙で実に小粋なんです。  そして、やはりフィルムで作った映画は、美しい。柔らかな光、金属の輝き。回顧してるんじゃなく、陰影のグラデーションに奥行きと存在感があるんですね。明るいところに微妙な影があってこそ明るく、さりげない立体感が生まれる。同じく暗部にも...

  •  0
  •  0

映画「立候補」    監督:藤岡利充  ドキュメンタリー映画

  政見放送で言ってることが、なんだか分かんない候補者を見かけたことありませんか。  このドキュメンタリー映画の登場人物は、そんな人々です。  この映画を理解するには、手始めに次のことを知ってないと、何がなんだか分からなくなる。  1. 立候補者は、選挙前に多額の金を納めなくてはならない。    選挙管理委員会に供託金を納めるのが決まり。その理由は、売名行為や選挙妨害を目的とした立候補の乱立を抑え...

  •  0
  •  0

シンセサイザーを始めるかもしれない。

  何故か、1981年発売のコルグのモノポリーがある。  ツマミやスイッチが、ずらっと並んでいる。  音楽之友社の「誰にでもわかる シンセサイザー入門」鈴木寛著がある。(1977年発行)  150ページある本だ。もちろん、アナログ・シンセの世界。VCO、VCF、VCA、LFO、EGとか、うーん根気がいるな。  なんかタイムスリップ。30年前の時代をリアルに感じれるかも。...

  •  1
  •  0

映画ピックアップ  「静かな映画  洋画編」 ~ 一夜一話から

■ 映画ピックアップ  一夜一話より                                         いくつかのテーマに沿って、一夜一話から映画をピックアップしています。  今回、第10弾を追加しました。 (2013.12.10)◆第10弾のテーマは、「静かな映画  洋画編」  心静かな時に観てください。 こちらからどうぞ。【 一夜一話の歩き方 】下記、クリックしてお読みください。...

  •  0
  •  0

映画「裸足のピクニック」  監督:矢口史靖

  何が因果か! 何も悪い事をしていない主人公が、不運にもどんどん転落していく悲しいコメディです。  あ、ひとつだけ悪い事をしていた。偽造の定期券を借りて使った、これがすべての発端であった。たくさんのエピソードがぎっしりあって、話を追いきれない方は、つまらない映画「となります。」 くれぐれも映画に置いて行かれないように。細かい事を気にしない映画は、猛スピードで突き進みます。いい映画です。  女子高...

  •  0
  •  0

映画「集金旅行」、「土砂降り」  監督:中村登  出演:佐田啓二、岡田茉莉子

集金旅行  こんな喜劇映画、今じゃ作れない。ストーリー展開がスカッと一直線に前傾姿勢で突き進む。岡田茉莉子が物語を色っぽく気丈に牽引する。話のつじつまが、どうのこうのと小さな事は初めっから考えてない。雑とも言えるが楽しい大衆性。井伏鱒二の原作は1937年。これを1957年バージョンで作ったことになる。この映画、観光地巡りの映画でもある。1957年昭和32年、みんなの好きな昭和30年代。国内旅行もままならぬ時代、映...

  •  0
  •  0

信州 渋温泉と湯田中温泉 (湯田中・渋温泉郷巡り)

  信州にある湯田中・渋温泉郷に行ってきた。  まずは、渋温泉。湯田中渋温泉郷の一番奥にある。  ◆渋温泉 金具屋  山の懐、谷あいを流れる川に沿って渋温泉郷は、こじんまりとある。  温泉街は端から端まで歩いて回れるほど。共同浴場の九湯めぐりができる。それぞれの湯ごとに、その由緒来歴が書いてある。  もちろん渋温泉には湯宿が建ち並んでいる。歴史を感じられる落ち着いた街並みだ。その一軒が金具屋旅館。...

  •  0
  •  0

最新の「一夜一話」掲載記事・人気ランキング映画を更新しました。  2013.12.8現在

No image

  多くの訪問をいただいている人気ページの、ランキング・リスト(上位7位)を更新しました。   一夜一話に掲載の、映画の人気ランキングです。  TOPページ(総合案内)に掲載中です。  TOPページ(総合案内)は、こちらからどうぞ。 ページの中ほどに記事あります。...

  •  0
  •  0

ジョセフ・クーデルカ写真展   東京国立近代美術館

  なにしろ、クーデルカ大好き。  今回は、最初期の作品から現在までズラリと並んだ、見ごたえある展示だった。  いいな欲しいな、これ以上書くことがない。  写真集は眺めていたが、現物の写真作品を目の前にすると、いきなり異次元空間に放り込まれたようで呼吸困難になるほど。所詮、写真集のような印刷されたものは、作品を見た事にはならない。まして、ネット上のチンケなデジタル画像からは、何も伝わらない。   ...

  •  0
  •  0

気になる映画 ・ 見逃している映画 37

              「おじいちゃんの里帰り」 ドイツ2011年      「少女は自転車にのって」 サウジアラビア2012年11/30~ ヒューマントラスト有楽町        12/14~2/7 岩波ホール              「中国インディペンデント映画祭2013」      「ソウルガールズ」 オーストラリア2012年11/30~ オーディトリウム渋谷          1/11~ ヒューマントラスト有楽町/渋谷 ...

  •  0
  •  0

箱根の「にごり湯」  芦の湯温泉「きのくにや」、仙石原温泉「パウエル」 

  箱根の「にごり湯」に行ってきた。  箱根の湯は、ほとんどが透明な湯ですが、あるんですね、箱根に にごり湯。  白濁の温泉で、硫黄臭はほとんどない。   ◆芦の湯温泉「きのくにや」  300年の歴史がある温泉場・芦の湯温泉。  美肌の湯、きのくにや旅館(紀伊国屋)には、館内のあちこちに湯がある。  とりわけ、「正徳の湯」は良い。宿泊客でも有料の湯なのだ。ご覧のとおり、木のお風呂で、にごり湯と透明の湯...

  •  1
  •  0

第14回東京フィルメックスのまとめ   映画「ハーモニー・レッスン」、「鉄くず拾いの物語」、「わたしの名前は...」、「夏休みの宿題」、「花咲くころ」、「トランジット」、「見知らぬあなた」、「カラオケ・ガール」、「若さ」、「郊遊<ピクニック>」:監督:ツァイ・ミンリャン

  第14回東京フィルメックスで観た映画10本をご紹介します。  計10本の映画を良かった順に並べてみました。    「ハーモニー・レッスン」と「鉄くず拾いの物語」は同位同列。「夏休みの宿題」と「花咲くころ」も同位かな。ツァイ・ミンリャンの「郊遊<ピクニック>」は、ランキングするに馴染まないので、最後に添えている。悪いと言う意味ではないが、そう良くはない。  観た映画をこうして並べてみると、偶然ですが女...

  •  0
  •  0