映画「新装開店」  監督:キム・ソンホン

上170                 上270

とても濃厚な韓国風ドタバタ喜劇。 泥臭く、垢抜けしない、お馬鹿なソウルフード・ムービーです。
アクが強いので、ご用心。

組00  ここは、韓国のどこか、土ぼこり舞う田舎町。
  申し訳程度の商店街には、最低限の店しかない。
  飲食店は、たったひとつ、くたびれた様子の店・中華楼。地場の、毎度のお客と、出前で、なんとか営んでいる。
 
  ある日、事件が起きた。
  とにかく、すごく美味しいチャジャンミョン(韓国風ジャージャー麺)の店・阿房宮が新装開店したのです。
  それも、こともあろうに中華楼の、道を挟んで真向いに! 開店した。
  不意打ちの開店。挨拶もない。だが、美味い評判は、町中を駆け巡り、人は阿房宮に押しかける。うまい!

  中華楼の店主・ワン社長は、怒り心頭だが、気が気じゃない。店のコックを阿房宮へ試食に行かせたが、感動の涙で帰って来た。意を決して、社長も食ってみた。「うまい!」 だが、口の中で、なにやら大きな異物が・・・。吐き出してみると、それは、ナント、人の指であった!

組0  社長はじめ、中華楼の面々は考えた。飛びぬけた、あの美味さの秘密は、人肉じゃないか?
  そういえば、向かいの阿房宮のやつらは、いつも黒づくめの服に、ニヒルな表情。そして毎夜、夜中に密かに店を出入りしている。とても怪しい。  そんなことで、林の中にある阿房宮のやつらの隠れ家を発見するに至る。
  かつ、中華楼の3人は急きょ、人肉ハンターと化し、店の繁栄を目指すのであったが・・・。 その頃、時を同じくして、この町で殺人事件が起きて、警察が慌ただしい動きをみせていた。結局、3人は阿房宮のやつらと警察に追われることになるのだが。あとは観てのお楽しみ。


下監督・原案:キム・ソンホン|韓国|1999年|100分|
脚本:ナム・グンギュン|撮影:ソン・グァンジェ|
出演:キム・スンウ(中華楼ワン社長)|チン・ヒギョン(その妻)|パク・サンミョン(コック)|イ・ボムス(出前担当パルボン)|キム・ヨンホ(阿房宮ホン社長)|キム・ソンギョン(その妻)|ペク・チェジン(イルド)|ソン・スンヒョン(ミョリョン)|キム・セジュン(野菜商人)|コン・ヒョンジン(キム巡査)|


中000






美味しい映画を集めています。
美味しい


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
こちらからも、どうぞ!
<邦画>
題名から探す。  監督から探す。
<洋画>
題名から探す。  国名から探す。
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply