都響・定期演奏会  アルヴォ・ペルトとスティーヴ・ライヒ  指揮/クリスチャン・ヤルヴィ

上

 クリスチャン・ヤルヴィ指揮の東京都交響楽団が、ペルトとライヒを演奏するというので行ってきた。
 (第807回 定期演奏会Bシリーズ  サントリーホール 2016年5月18日)

 曲目は次の通り。
 ・アルヴォ・ペルト:フラトレス~弦楽オーケストラとパーカッションのための(1977/91)
 アルヴォ・ペルト:交響曲第3番(1971)
 スティーヴ・ライヒ:デュエット~2つの独奏ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための(1993)
 スティーヴ・ライヒ:フォー・セクションズ(1987)(日本初演)

 最初の曲・「フラトレス」は、いわゆるペルトらしい静謐な曲。演奏時間は10分程度の短い曲。
 次は同じくペルトの「交響曲第3番」。いろんな曲想が入り乱れる感じ。大きな絵を様々な手法で描きあげたような習作の印象。

 ライヒの「デュエット~2つの独奏ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための」は、ステージの右半分で演奏される。つまり、ヴィオラ、チェロ、コントラバス。そして第1、第2ヴァイオリンの首席奏者による独奏のデュエット。ライヒらしい軽快なミニマル・ミュージックの疾走感。いいですね。
 次は、「フォー・セクションズ」、日本初演とのこと。各パートが競い合うようにしてミニマル・ミュージックが爆走していきます。
 そのうち突然、いや、満を持して2台のヴィブラフォンの独奏。待ってました!という感じ。続いて2台のマリンバが、そしてその他のパートも追いかけクライマックスへ。気がついたら身体が自然に動いている。ライヒの曲の躍動感は、生演奏でないと良さが分からない、と思う。

 総じていいコンサートでした。
 ただし、もう一歩の、キレというかツヤというかノリというか、欲しかったな。
 2008年、「コンポージア2008」でスティーヴ・ライヒが来日した時の演奏会を思い出した。あれは凄かった。と思っていると、会場入口でもらったチラシの束の中に、ライヒの演奏会があった。2017年3月1日~2日。東京オペラシティ。演奏者は、スティーヴ・ライヒ、コリン・カリー(パーカッション、指揮)、コリン・カリー・グループ、シナジー・ヴォーカルズ。

関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply