映画「ウィ・アンド・アイ」  監督:ミシェル・ゴンドリー

1_20190204134543f52.jpg





















 この映画は、起承転結をくっきりにして、ドラマ性を盛り上げる類ではないです。
 言い換えれば、絶えず流れる川の流れや人の流れに、何かしらの情感を汲み取ることを求めるタイプ。

 とは言っても、話の舞台はニューヨークのブロンクス、16歳の子たちの話だから、騒がしい。
 シーンのほとんどが路線バスの中、下校の生徒たちが乗っている。
 気の合う幾つかのグループに分かれて、子たちはそれぞれに、ああだこうだとしゃべっている。
 映画は丹念に彼らの話を聞く。
 その内容はパーティを開く話、誰と誰がいい仲らしい噂など戯れながらの話、いつの時代も変わらぬ青春真っただ中。なりたい将来がまだ見えてこない年頃。
 見た目は大人に見えなくもないが、まだ16歳だから幼い、親や大人の言うことを無視できない。


 さらりと語る映画の語り口がいい。映画のクロッキーといった感じ。
 流れる挿入サウンドがさりげなくも、いいセンス!
2-0_20190204135438ab3.jpg




原題:The We and The I
監督:ミシェル・ゴンドリー|アメリカ|2012年|103分|
脚本:ミシェル・ゴンドリー 、 ポール・プロック 、 ジェフ・グリムショー|撮影監督:アレックス・ディセンホフ|
出演:マイケル(マイケル・ブロディー)|テレサ(テレサ・リン)|レイディ・チェン(レイディーチェン・カラスコ)|リトル・レイ(レイモンド・デルガド)|ジョン(ジョナサン・オルティス)|ビッグ・T(ジョナサン・ウォーレル)|アレックス(アレックス・バリオス)|ナオミ(ナオミ・マーフィー)|


この映画のように、同じバスに乗り合わせた乗客の話の特集を組んでいます。
キャプチャ10-2
これをタッチして特集ページをご覧ください。


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply