映画「ムーンライト」  監督:バリー・ジェンキンス

上
月夜の夜、黒人はブルーに見えると‥‥


0_20190303140039b97.png 子供の頃、リトルと呼ばれた、無口チビッ子いじめられっ子の黒人少年、シャロンのその後の成長物語。
 話の作りは、脇道にそれるエピソードもなく、シャロンの成長に沿ってストレートな流れ、これがすっきりしていて好感が持てます。
 それと映像がきれいです。色彩と光に気を配っています。これが観どころってことで、本作をとりあげました。


 映画の舞台はマイアミ。
 シャロンは、母子家庭の子で、母親は麻薬の常習者でした。
 シャロンが学校の悪ガキたちにいじめられているところを、麻薬ディーラーのボス、フアンという男に助けられてい以来、シャロンはフアンを父親の様に慕うようになる。
 高校生になっても、いじめられは続いた。
 しかし、ある時、シャロンの堪忍袋の緒が切れて、相手に仕返しし、シャロンは少年院へ。
 これがシャロンの人生の変わり目であった。
 その後、彼はアトランタへ移って自身の人生再起を図り、麻薬ディーラーの下っ端から成り上がって、それなりのボスとなっていた。

0-1_20190303140242fd1.jpg 月夜の夜、黒人はブルーに見えるとは‥‥
 フアンがまだキューバにいた少年の頃、近所のばあさんがフアンにそう言ったらしい。
 それをフアンは、ある時シャロンに語った。シャロンはこのことをどう心に刻んだのか‥。
 
 予告編 http://moonlight-movie.jp/


オリジナルタイトル:Moonlight
監督・脚本:バリー・ジェンキンス|アメリカ|2016年|111分|
原案:タレル・アルビン・マクレイニー|撮影:ジェームズ・ラクストン|
出演:小学生のシャロン・あだ名リトル(アレックス・ヒバートシャロン)|母親ポーラ(ナオミ・ハリス)|麻薬ディーラーの元締めフアン(マハーシャラ・アリ)|その妻テレサ(ジャネール・モネイ)|
10代のシャロン(アシュトン・サンダース)|10代のケヴィン(ジャハール・ジェローム)|
大人になったシャロンあだ名ブラック(トレバンテ・ローズ)|大人になったケヴィン(アンドレ・ホランド)|


【 一夜一話の歩き方 】 下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply