ドキュメンタリー映画「ヘヴィメタル・イン・ザ・カントリー」ドイツ映画

上3
 ドイツの片田舎ドンツドルフに本社を置く、ヘヴィメタル専門のレコード会社「ニュークリア・ブラスト」の今を語るドキュメンタリー映画です。

1-1_20190727150954018.png マルクス・シュタイガーという男が設立し、今やインディーズ系ヘヴィメタ・レーベルでは世界的な会社に至っている。のどかな農村とヘヴィメタの対比が可笑しい!
 映画の中で、マルクス・シュタイガーが言うに、「誰も聞かないようなこんな音楽で会社が成立するなんて‥とよく言われる」と。
 レコード会社「ニュークリア・ブラスト」のオフィシャルサイト:https://www.nuclearblast.de/en/

 「ニュークリア・ブラスト」が取り扱うヘヴィメタ・アーティストの出身国は、世界各国に渡る。
 しかし、この会社の商材はCDアルバムだけじゃなく、ドクロやTシャツなどのキャラクターグッズもある。オフィスの倉庫&出荷作業場には各種グッズがあふれている。この田舎から世界各国へ配送されていくらしい。(地元の人の働き口にもなっている)
 こうしたグッズを通して、12歳くらいからの若い子供達へのマーケティングアプローチも狙っていて、なるほどと思った。

 社長マルクス・シュタイガーは、欧米各国を飛び回っている。また、業界関係者を対象に開かれる新作試聴会の会場は、なんと、この村のパブなのが面白い。インディーズ系だから会社規模は小さく身軽なところに好感が持てるし、映画で見る限り社長はエバってない。

 総じていえば、ドキュメンタリーとして彫りが浅いのが残念。テレビのドキュ番組レベルかな。
 ちなみに、この映画でヘヴィメタのバンドの種類に、パワーメタルバンド、シンフォニックメタル・バンド、シンフォニックブラックメタル・バンドなんかがあることを、初めて知りました。
 
 以下、予告編だけれども、針小棒大、盛り過ぎなところが、どうなんでしょう、笑えますが、投げやりのきわみ。村の産業のほとんどがヘヴィメタル関連というのはウソです。
  予告編(日本語版) https://eiga.com/movie/53767/video/
 外国版の方が、ちょっとはましかな。
  予告編(外国版) https://www.trailers.jp/detail/11563
 ちなみに、「ニュークリア・ブラスト社」についてのウィキペディア情報
 https://ja.wikipedia.org/wiki/ニュークリア・ブラスト

オリジナルタイトル:Heavy Metal Auf Dem Lande=Heavy Metal in the Country
監督・脚本:アンドレアス・ガイガー|ドイツ| 2005年|74分|
撮影:マルク・ロゴル|音楽:ディム・ボルギル 、 ナイトウィッシュ 、 プライマル・フィア 、 ソナタ・アークティカ|
出演:マルクス・シュタイガー|オリヴァー・バース|ミヒャエル・ジーグル|ゼナイ・アイテミズ|ヨハネス・ブラウン|ゲルマン・ガイガー|アントン・グルバー|ヤネッテ・ロハウス|モニカ・マラコヴィッチ|マヌ・シュヴァルツコプフ|

【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
やまなか
Posted byやまなか