去年の10月は、こんな映画を観てました。

 もう10月。去年の10月は、こんな映画を観てました。

下記をクリックしてお進みください。
3月みた映画

 まずは邦画。
 是枝裕和監督の「海街diary」は、綾瀬はるか, 長澤まさみ, 夏帆, 広瀬すずが主演。
 サイレント映画「東京の宿」は小津安二郎の1935年の作ですが、いい映画です。
 洋画は次の通り。
 台湾映画「熱帯魚」はリバイバル上映されたため、ちょっとブームになったが、同じく再上映の「ラブゴーゴー」の方がいい映画。
 イタリア映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」は、イタリア味のスーパーヒーロー、SFクライム・アクション映画。

 特集「気に入ってる、最近の映画」の日本映画編とヨーロッパ映画編も、ご覧ください。
 えっ、最近じゃないじゃないと言われても、‥‥、なかなかいい映画に出会えてないのが実情。

 あとは、高野文子(著)「田辺のつる」「アネサとオジ」「ふとん」, 大友克洋(著)「ヘンゼルとグレーテル」「童夢」, 松本大洋(著)「鉄コン筋クリート」・・最近読みかえした漫画も、良ければどうぞ。

【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
スポンサーサイト



やまなか
Posted byやまなか