ハル・ハートリー監督の映画 《まとめ》


SM_FRAME_GRAB_03_copy1 2 (2)

 これまでに取り上げたハル・ハートリー監督作品です。以下の画像をクリックして記事ページをご覧ください。
 この監督の作品は、一度ハマるとクセになる魅力があります。いい監督です。

 その魅力とは、奇妙な言い方になりますが、登場人物をストーリーの流れの中に埋没させず、結果、ちょっとユーモラスな人物描写が浮き彫りになって見えるところ。この軽み!がいい。
 つまり、物語そのものよりも人物描写に比重がある語り口、よって、例えば、その作品がサスペンスの物語であっても、いわゆるサスペンス映画にならない。あるいはチンケなフェイク・サスペンスに見える、この軽み!がいい。
 
 私は最初に出会った「ヘンリー・フール」で虜になりました。
 「アンビリーバブル・トゥルース」と「トラスト・ミー」に出演した女優エイドリアン・シェリー(1966ー2006)は監督業もする、とてもいい女優でした。残念です。
 今後、気が向けば「フェイ・グリム」、「ネッド・ライフル」などを追加していきます。


写真
2011
「はなしかわって」




写真
2006
「フェイ・グリム」




写真
1997
「ヘンリー・フール」




写真
1995
「フラート」




写真
1994
「愛・アマチュア」




写真
1992
「シンプルメン」




写真
1991
「サバイビング
     ・デザイア」



写真
1990
「トラスト・ミー」




9_20191103194314624.jpg
1989
「アンビリーバブル
     ・トゥルース」



hqdefault 2 (3)


こちらで、洋画の監督特集をしています。
一夜一話が好きな監督たちです。お進みください。
洋画! (2)決め


【 一夜一話の歩き方 】
下記、クリックしてお読みください。

写真
写真
写真
写真
写真
関連記事
スポンサーサイト



やまなか
Posted byやまなか